ホーム > 移民政策研究 第9号
移民政策研究 第9号
本体2,800円+税
ISBN 9784750345161
判型・ページ数 B5・208ページ
出版年月日 2017/05/15

移民政策研究 第9号  新刊

移民政策学会学会誌。ヘイトスピーチが社会問題化した日本において、昨年「ヘイトスピーチ規制法」が成立・施行された。今号の特集では3本の論文を収録し、各国社会が排外主義に抗してきた経緯を捉え、そこから得られた示唆を汲み取る。
特集:排外主義に抗する社会

特集の趣旨[林真生:編集委員]
ヘイトスピーチ規制の課題と展望[近藤敦:名城大学教授]
英国における多文化市民権と排外主義――ヘイトスピーチ規制に着目して[樽本英樹:北海道大学大学院教授]
排外主義の中の朝鮮学校――ヘイトスピーチを生み出すものを考える[山本かほり:愛知県立大学教授]


投稿論文

ブラジル系移民コミュニティと第二世代男性の進路選択――横浜市鶴見区の学習教室の事例から[藤浪海:一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程]
国際キャリアに就く中国系人材の日中文化認知と調整[奥西有理:岡山理科大学准教授]
中国人元日本留学生の進路選択の影響要因と職場環境・生活環境に関する研究――理工系と文系の比較,主な職場別の分析から[竇碩華:東京工業大学博士課程/佐藤由利子:東京工業大学准教授]
ロシア人ディアスポラの現状――在日ロシア人移住者の位置づけに向けて[ムヒナ ヴァルヴァラ:上智大学助教/ゴロウィナ クセーニヤ:東京大学特任講師]
イタリアにおける文化間メディエーターの役割――医療機関の職員としての活動を事例として[彌吉惠子:大阪大学大学院博士後期課程]


報告

日本における非正規滞在者――APFSの活動を通して考える[加藤丈太郎:特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE'S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
災害時の多文化共生――熊本地震! 在住外国人被災者救援活動の体験から[中島眞一郎:コムスタカ-外国人と共に生きる会]



特別寄稿論文

近代日本の植民思想とナショナル・マイノリティ――アイヌ民族差別との関連で[佐久間孝正:東京女子大学名誉教授]


書評

柄谷利恵子 著『移動と生存――国境を越える人々の政治学』[宮島喬]
森千香子 著『排除と抵抗の郊外――フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』[菅原真]
川村千鶴子 著『多文化都市・新宿の創造――ライフサイクルと生の保障』[藤巻秀樹]
小島祥美 著『外国人の就学と不就学――社会で「見えない」子どもたち』[郭潔蓉]
浅野慎一・佟岩 著『中国残留日本人孤児の研究――ポスト・コロニアルの東アジアを生きる』[南誠]


文献紹介

学会報告

2016年度年次大会/2016年度冬季大会
『移民政策研究』編集規定/『移民政策研究』執筆要項/論文投稿規定/投稿論文査読規定
Editorial Provisions: Migration Policy Review/ Writing Guidelines for Authors: Migration Policy Review/ Provisions for the Submission of Articles/ Provisions for the Refereeing of Articles

同じジャンルの本

このページのトップへ