ホーム > 20世紀ロシアの挑戦 盲ろう児教育の歴史
20世紀ロシアの挑戦 盲ろう児教育の歴史
本体3,800円+税
ISBN 9784750345055
判型・ページ数 4-6・288ページ
出版年月日 2017/05/10

20世紀ロシアの挑戦 盲ろう児教育の歴史

事例研究にみる障害児教育の成功と発展

100年以上にわたるロシアの盲ろう重複障害児教育を豊富な事例とともに心理学者が詳説する。また、20世紀ロシアの激動における実践者・研究者の生きざまを浮き彫りにした歴史書でもある。

 著者より
 日本語版への序文
 まえがき

第一章 帝都ペテルブルクにおける最初の盲ろう児学校
 1 ヨーロッパとアメリカへの「窓」
 2 ロシアの、盲ろうあ者保護協会
 3 フォンタンカの、盲ろうあ児養育院
 4 サンクト・ペテルブルクのイワン・サカリャンスキー
 5 戦前のレニングラードにおけるペテルブルク盲ろう児教育の伝統継承
 (1)盲ろう児教育の初期段階としての感覚運動発達
 (2)盲ろう児の口話教育とその理解教育
 6 盲ろう児の心理学的特徴研究に関するA・V・ヤルマリェンコの活動(一九三一年─一九六一年)
 (1)A・V・ヤルマリェンコの研究と伝記
 (2)ヤルマリェンコの定義と分類
 (3)教育前の盲ろうあ児の深刻な精神状態
 (4)盲ろうあ児の感情認知の特徴
 (5)盲ろう児の触話

第二章 ハリコフにおけるサカリャンスキーの盲ろうあ児クリニック・スクール
 1 ろう児の教師からウクライナにおける特殊教育の創設者へ
 2 ハリコフにおける盲ろう児教育機関の創設
 (1)方向定位の教育・サカリャンスキーの直接セッティング法
 (2)日常生活習慣熟の形成
 (3)時間定位の教育
 (4)行動の受動性とステロタイプの克服・卓上ゲーム
 (5)読み・書きの準備教育と観察技能の教育
 (6)内観の学習とオリガ・スコロホードワの日記
 (7)偽装化法(デマスケーション)
 3 拘留、壊滅、出発

第三章 モスクワにおける盲ろう児教育
 1 モスクワ時代のサカリャンスキー
 (1)盲ろう児の発達と周囲の空間構造化
 (2)盲ろうあ児の初期的コミュニケーション手段
 (3)盲ろう児教育における読本以前の時期─ジェスチャーと粘土彫像─
 (4)盲ろう児教育の初級読本
 (5)盲ろう児の発達における初級読本期後と並行文システム
 (6)人生の終わりに
 2 A・I・メシチェリャーコフの指導下で行なわれた欠陥学研究所における盲ろう児の教育と研究
 (1)農民の息子、ソビエトの兵士、そしてルリヤとサカリャンスキーの教え子
 (2)メシチェリャーコフが指導した盲ろう児の研究と教育実験室
 (3)「盲ろう児子どもの家」の設立と最初の一〇年間
 (4)モスクワ大学における盲ろう学生のグループ学習の実施
 3 一九七五年から二〇〇〇年までの盲ろう児の教育と研究

 おわりに

 文献
 訳者あとがき
 ロシアにおける盲ろう児教育の歴史年譜

同じジャンルの本

このページのトップへ