ホーム > 新たな時代のESD サスティナブルな学校を創ろう
新たな時代のESD サスティナブルな学校を創ろう
本体2,500円+税
ISBN 9784750344614
判型・ページ数 A5・320ページ
出版年月日 2017/03/31

新たな時代のESD サスティナブルな学校を創ろう

世界のホールスクールから学ぶ

永田 佳之 編著・監訳
曽我 幸代 編著・訳

サスティナブルな学校やホールスクール・アプローチの概説をはじめ、目標達成度を確認し次の段階に進めるための自己評価ツールと13の参加型アクティビティ、さらには国内外のホールスクール実践例を掲載。日本の学校や取り巻く地域社会をより持続的にするための理論と実践的な手順やツールを具体的に紹介した1冊。

 はじめに
 序


第Ⅰ部 サスティナブルな学校とは

第1章 ESDは学校を元気にする!
 1.ESDとは
 2.ESDとホールスクール・アプローチ
 3.サスティナブルな学校とは

第2章 ホールスクールとは
 1.「10年」をふり返る
  1.「あいち・なごや宣言」
  2.理解困難だったESD
  3.ESDはいかに紹介されてきたか
  4.ESD構成図の落とし穴
 2.海外におけるホールスクール・アプローチ
  1.南オーストラリア州のサスティナブル・スクールのための枠組み
  2.ニュージーランドのEfSの枠組み
  3.ユネスコによる「ESDレンズ」
 3.ホールスクール・アプローチの特徴
  1.「断片化」しないための学校づくり
  2.ホールスクールの特徴
  3.20世紀型学校計画から21世紀型学校デザインへ

第3章 ホールスクールの実際
 1.私立学校での取り組み――自由学園のホールスクール
 2.公立校での取り組み(海外①)――クリスピン・スクールのホールスクール
 3.公立校での取り組み(海外②)――アシュレイ・スクールのホールスクール
  1.ハーモニー教育
  2.学校と地域の変容をもたらした子ども達
  3.カリキュラム全体に埋め込まれたサスティナビリティ
  4.これからの可能性
 4.公立校での取り組み(国内)――永田台小学校のサスティナブル・スクール・マップ
  1.「生ゴミワーストワン脱出大作戦」~地域を持続可能にしていく子ども達
  2.サスティナブル・マップ
  3.変容の好循環
 5.NPO法人による取り組み(国内)――フリースペースたまりば
  1.フリースペース誕生の背景
  2.〈いのち〉に制度を引きつけるということ
  3.フリースペースでの学び
 6.国内外のホールスクール事例のまとめ


第Ⅱ部 サスティナブルな学校づくりのために

第1章 サスティナブルな学校づくりのための枠組みとその使い方
 イギリスのサスティナブル・スクール自己評価ツールの解説

第2章 自己評価ツール
 サスティナブル・スクールのためのナショナル・フレームワーク
 s3 パフォーマンス・マトリックス

第3章 ホールスクールのためのワークショップ・ツール

第4章 サスティナブル・スクールが与える影響を裏づけるエビデンス
 1.学校を改善する――若者の学びとウェルビーイングを高める
 2.若者の学びの経験を統合する
 3.若者の参加を促す
 4.学校、コミュニティ、家庭生活に貢献する
 5.サスティナビリティの実践をモデリングし、検討して、計画する


 おわりに
 著者・訳者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ