ホーム > ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義
ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義
本体2,800円+税
ISBN 9784750344836
判型・ページ数 4-6・356ページ
出版年月日 2017/03/10

ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義

緊縮政策がもたらすEUの亀裂

国家債務危機に陥り過酷な緊縮政策を強いられるギリシャは、左派ツィプラス政権のもと反緊縮を目指すも、EUとの軋轢は深まっている。本書は、ギリシャの経済・政治動向を精緻に分析し、英国のEU離脱など急展開を遂げる欧州民主主義の今後を問う。

序章 ギリシャ危機で問われているもの
 一 問題の所在と分析の視点
 二 本書の目的と構成

第一部 緊縮政策が経済・社会・政治に与えた影響

第一章 ギリシャの経済システムの破綻
 一 はじめに
 二 景気後退の進行
 (一)金融支援後のマクロ経済の後退
 (二)緊縮政策とリセッション
 三 財政危機の存続
 (一)財政赤字の構造
 (二)財政緊縮と債務の持続可能性
 四 「対内切下げ」戦略の失敗
 (一)「対内切下げ」戦略の基本的問題
 (二)「対内切下げ」戦略の実施
 (三)「対内切下げ」戦略の誤り
 五 対外不均衡の拡大
 (一)経常収支の不均衡の存続
 (二)基礎的な対外不均衡の拡大
 六 おわりに

第二章 ギリシャの社会的保護体制の崩壊
 一 はじめに
 二 労働市場改革と失業の増大
 (一)「覚書」と労働市場改革
 (二)失業者の増大
 三 社会的排除と貧困化
 (一)貧困問題の悪化
 (二)緊縮政策と貧困化
 四 医療システムの亙解
 (一)新自由主義と医療
 (二)緊縮政策と医療
 五  社会福祉の悪化
 (一)社会的支出の低下
 (二)社会保障の改革
 六 労働・社会運動の展開
 (一)労働組合運動の弱体化
 (二)社会運動の展開
 七 おわりに

第三章 ギリシャの政治的混乱の進行
 一 はじめに
 二 緊縮プロジェクトと政変
 三 極右派政党「黄金の夜明け」の登場
 (一)緊縮政策と極右派政党
 (二)黄金の夜明けの発展とギリシャ政府
 四 急進左派政党シリザの躍進
 (一)シリザの選挙での勝利
 (二)左翼政治運動の歴史とシリザ
 (三)ツィプラスのプロフィール
 (四)シリザの基本方針
 五 おわりに

第二部 新たな金融支援と超緊縮政策

第四章 ギリシャの債務危機とツィプラス政権の成立
 一 はじめに
 二 サマラス政権に対する不信感
 三 シリザの基本戦略
 四 シリザの変革のターゲット
 (一)公的債務の削減
 (二)寡頭支配体制の打破
 五 ツィプラス政権成立の意義
 (一)シリザの勝利の意味
 (二)新政権の経済政策
 (三)連立政権の課題
 六 ツィプラス政権の成立に対するユーロ圏の反応
 (一)ギリシャ離脱論の出現
 (二)債務削減案の批判
 (三)ユーロ圏諸国の反応
 七 おわりに

第五章 ギリシャと債権団の金融支援交渉
 一 はじめに
 二 救済プログラムの延長 
 (一)ツィプラス政権の基本的姿勢
 (二)トロイカの対応
 (三)救済延長の合意
 三 金融支援交渉をめぐる諸問題
 (一)ツィプラス政権をめぐる諸問題
 (二)債権団=トロイカをめぐる諸問題
 (三)IMFとユーロ圏の対立
 (四)ディフォールトとGrexitをめぐる諸問題
 四 金融支援交渉の決裂
 (一)ギリシャのディフォールト危機
 (二)債権団=トロイカの脅迫
 (三)IMFの対応
 (四)ツィプラス政権の抵抗
 五 おわりに

第六章 ギリシャにおけるレファレンダムと第三次金融支援
 一 はじめに
 二 レファレンダムの決定
 (一)レファレンダムの告知
 (二)レファレンダム告知をめぐる諸問題
 三 レファレンダムのキャンペーン
 (一)「ノー」のキャンペーンの展開
 (二)社会問題の悪化
 (三)ツィプラスの言動をめぐる諸問題
 四 レファレンダムでの「ノー(反緊縮)」の勝利
 (一)レファレンダムの結果
 (二)「ノー」の勝利の意味
 五 金融支援再交渉とギリシャの屈服
 (一)レファレンダム後の行方
 (二)ツィプラスの交渉準備
 (三)ツィプラスの降伏
 (四)シリザ内の反乱
 (五)ギリシャ屈服の意味
 六 第三次金融支援と総選挙
 (一)第三次金融支援の決定
 (二)総選挙の決定とシリザの分裂
 (三)シリザの再勝利
 七 第三次金融支援の課題と行方
 (一)債務削減問題
 (二)緊縮政策問題
 (三)難民・移民問題
 八 おわりに

終章 欧州建設の課題と展望
 一 はじめに
 二 ギリシャ危機と欧州建設の課題
 (一)緊縮と社会問題
 (二)支配体制問題
 (三)制度設計問題
 三 ギリシャ危機と欧州建設の展望
 (一)「マクロン・ガブリエル共同声明」の意義
 (二)「もう一つの通貨」論と財政統合論
 (三)欧州の再連帯に向けて
 四 おわりに

 あとがき

 参考文献
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ