ホーム > 幕末・明治の横浜 西洋文化事始め
幕末・明治の横浜 西洋文化事始め
本体2,800円+税
ISBN 9784750344829
判型・ページ数 A5・388ページ
出版年月日 2017/03/10

幕末・明治の横浜 西洋文化事始め

幕末・明治初期における横浜への西洋文化の移転に関して、外国人による居留地への移植に重点を置いて描く。「横浜もののはじめ」として論じられてきた、大半が日本初の文化移転について、新しく発見された史料や事実も交え詳述する、本テーマの決定版。

はじめに――近代世界における文化移転をめぐって
   前期近代における文化移転/近代における文化移転/中国の場合――日本との比較/日本の場合/文化移転の諸相/幕末・明治初期における文化移転/横浜居留地を媒介とする文化移転に関する先行研究

第一章 横浜開港
 一、開港場横浜の誕生
   開港場横浜の建設/開港記念日の始め/外国商船の入港第一号――ウォンダラー号/神奈川宿の領事館/外国商人の開業第一号――ルイス・クニフラー/福沢諭吉の英学事始め/郵便船の第一号――カルタゴ号/英一番館は第一号にあらず/入港船登録番号と国籍別商館番号/生糸貿易の始まり/最初の外国人殺傷事件と外国人墓地の始まり
 二、外国人居留地の始まり
   横浜最初の大火と居留地の街づくり/地番の始まり/オランダ領事館の横浜移転/各国領事館の横浜移転/夜会と球灯の始め

第二章 ホテルとクラブの始まり
 一、横浜ホテルとその周辺
   横浜ホテルの開業広告/「もう一つのホテル」は存在したか?/「竪瓦海鼠壁」のホテルの問題/オランダ人船長は生きていた/横浜ホテルの創業/謎の人物「カブタイメン」/弾薬倉庫船となったナッソウ号――潜水業の始まり/横浜ホテルのビリヤードとバー/横浜ホテルのその後/コーヒー・ルームとボウリング・アレイの始め/幕末期のその他のホテル/クラブ・ホテルは「日本最古のホテル」か?
 二、クラブの始まり
   陸海軍人クラブと横浜クラブ/ユナイテッド・サービス・クラブと横浜ユナイテッド・クラブ/ジャーマン・クラブ/フリーメーソンの始まり/日本人によるクラブの始め
 三、クラブ・ホテルとグランド・ホテル
   クラブ・ホテル/グランド・ホテル

第三章 肉食と畜産の始まり
 一、肉食の始まり
   最初の屠畜/精肉業の始まり/屠牛場の始め/日本人の家畜商と食肉商の登場/牛肉切売りの始め/牛鍋の始まり/谷頭種の豚の誕生/日本人経営の屠場/カーティスと戸塚のホテル/鎌倉ハムの始まり/豚肉商の登場/人造バターの製造
 二、牧場の始まり
   酪農の始まり/最初は肉屋が牛乳を販売/最初の牛乳屋――リズレーの牧場/ジェームズ&ウィルソンの横浜牧場/クリフ・ハウス牧場/ウィンスタンレーの横浜牧場と山岸牧場/中川嘉兵衛と菅生健次郎の牧場/下岡蓮杖と中沢源蔵の牧場/横浜牧畜会社/山手牧場――モルギンと石川要之助/コンデンス・ミルク製造の始め/ミルクホールの始め

第四章 花と緑の国際交流
   プラント・ハンターの来日/ロウレイロの菜園/ホールの庭/スミスの農園/ベイリーの農園/百合根の輸出/西洋作物の導入――神奈川奉行所による試作/鶴見村での西洋野菜栽培/根岸村での西洋野菜栽培/磯子村での西洋野菜栽培/子安村での西洋野菜栽培/トマト・ケチャップ製造の始め

第五章 食生活の国際化
 一、西洋料理と中華料理
   内海兵吉の「和風パン屋」/グッドマンの「ヨーロッパ風パン屋」/異人パン焼フランキヨ殺人事件/クラークの横浜ベーカリー/打木彦太郎の横浜ベーカリー/レストランと洋菓子店の始まり/居留地料理界のプロデューサー――ボナ/カレーライスの日本上陸/日本人経営の西洋料理店/中華料理屋の始まり
 二、さまざまな飲料の始め
   カフェの始め/「ハンドレツトワンチヤツプ」の怪/ビア・ホールの始め/ラムネ製造の始まり/ビール醸造の始め――三つの疑問/ローゼンフェルトのジャパン・ヨコハマ・ブルワリー/コープランドのスプリング・ヴァレー・ブルワリー/ヘフト・ブルワリーとバヴァリア・ブルワリー/コープランド&ウィーガントの第二次スプリング・ヴァレー・ブルワリー/ジャパン・ブルワリーとキリン・ビール/日本人のビール醸造所
 三、氷とアイスクリーム
   リズレーの天津氷とアイスクリーム・サロン/クラークとウェンナム湖の氷/中川嘉兵衛の天然氷採取/横浜氷会社(Yokohama Ice Co.)の設立/日米氷合戦/ブラウァーのアイス・カンパニー・オブ・ヨコハマ/町田房造の馬車道アイス/機械製氷の始まり

第六章 健康を求めて
   居留地の開業医たち/ヘボンと西洋目薬/ヘボンと義足の始まり/ジェンキンスと横浜ホスピタル/薬局の始め/各国疱瘡病院と海軍病院/中華同済病院と清国避病院/西洋歯科医学の伝来/横浜各国病院(ゼネラル・ホスピタル)/各国伝染病院/横浜軍陣病院/横浜十全医院――日本人による公共的総合病院の最初/種痘の強制実施/避病院の始まり

第七章 おしゃれの季節
   最初は雑貨商が洋服を販売/外国人衣類仕洗張/西洋洗濯業の始まり――渡辺善兵衛/脇沢金次郎と小島庄助/西洋洗濯屋の東京進出/スミス中尉の横浜ウォッシング・エスタブリッシュメント/謎のフランス人ドンバル/ドレスメーカーの始め/テイラーの始め/中国人の洋裁業者/日本人の洋裁業者/ファーガスンのヘアー・ドレッシング・サロン/日本人理容師の登場/製靴業の始め――レマルシャン/潘浩とルボスキー

第八章 娯楽とスポーツ
 一、洋式競馬の始まり
   最初の競馬会――一八六〇年九月一日/弁天社裏の競馬は『横浜市史稿・風俗編』の作り話/一八六二年春の競馬会/一八六二年秋の競馬会/山手の練兵場での競馬会/射撃場での競馬会/根岸の競馬場/日本レース・クラブの誕生
 二、劇場の始まり
   幕末の仮劇場とエンターテイナーたち/リズレーのロイヤル・オリンピック劇場/中国劇場/本町通りゲーテ座/山手ゲーテ座
 三、水上スポーツの始まり
   最初の水上スポーツ大会/ボートとカヌー/国際ボート・レース/海水浴ボート――水泳競技の始まり/海水浴ボートをボートハウスと混同――Bathe とBarge/国際競泳大会/ヨット・レース
 四、球技と陸上競技の始まり
   球技の始まり――クリケット/陸上競技の始まり――横浜フィールド・スポーツ/ライフル射撃/横浜放鳥射撃会/陸上競技クラブ/野球の始まり/ラケット・ゲーム/テニスの始まり/フットボールの始まり/横浜クリケット&アスレチック・クラブの成立/YC&ACと国際野球試合/YC&ACと国際フットボール試合/スケートの始まり

第九章 横浜の洋学
 一、洋学の始まり
   英語独習書としての単語集/会話書と横浜言葉/ヘボンの『和英語林集成』/ヘボン式ローマ字/発音表記とイラスト付の英和辞書/宣教師ゴーブルの英語塾/ヘボン塾とバラ学校/キダー塾とフェリス英和女学校/神奈川奉行所の通訳と英学所/神奈川県庁の通訳官/内外人の語学塾/通訳業と翻訳業の始まり
 二、洋学校の始まり
   私立学校の始まり――同文社/横浜市学校=高島学校/公立学校の始まり――市中共立修文館/県立師範学校の始まり

第一〇章 幕末・明治のヴェンチャー企業
 一、街と港を支える
   疑洋風建築の始まり/居留地建築家の登場/造船所の始まり/居留地の葬祭業/鉄工所の始まり/製帆業の始まり/給水業の始まり――ジェラールの実像/西洋瓦と煉瓦製造の始め/日本人による西洋瓦と煉瓦製造の始まり
 二、街を結ぶ
   馬車道の造成/貸馬屋と馬車会社の始まり/京浜間蒸気船の始まり/シティ・オブ・エド号の汽缶破裂事件/外国人による京浜間乗合馬車の始まり/日本人による京浜間乗合馬車――成駒屋/乗合馬車の路線拡張
 三、輸入品の国産化
   石鹸製造の始まり――堤石鹸の創始/ブラウァーとコッキングの石鹸/マッチ製造の始まり――東京VS横浜/ピアノの伝来と調律師の始め/洋楽器製造業の始め

第一一章 真か?偽か? 徹底検証
 一、グラウェルト伝説
 二、ブラウン夫人伝説
 三、前田留吉伝説
   蘭人ベローと英人ボーロは実在したか?/エドワード・スネルの実像/太田町八丁目に牧場は存在したか?/太田町五丁目への移転は事実か?/前田留吉の東京の牧場

史料編 ロジャースの回顧談
   横浜の初期の思い出――一八五九年から一八六四年まで/ニンフ号の遭難/来日当時の横浜/初期の日本人社会/外国人殺傷事件/税関と港/初期の社会と生活

 あとがき
 関係年表
 注
 外国人名索引
 日本人名索引

同じジャンルの本

このページのトップへ