ホーム > 医薬アクセス
医薬アクセス
本体4,500円+税
ISBN 9784750344775
判型・ページ数 A5・320ページ
出版年月日 2017/03/07

医薬アクセス

グローバルヘルスのためのフレームワーク

貧しい国の貧しい人々に確実に医療技術を提供するにはどうしたらよいのか。6つのケーススタディをもとに、製品の採用、支払可能性、利用可能性、そして製品供給者からエンドユーザーまでの組織設計に焦点を当てた包括的な分析に基づいて具体的解決策を探る。

 

【内容紹介】

『医薬アクセス』リーフレット(注文票)【PDF:960KB】

 日本語翻訳への序文
 序言
 序文

第1章 医薬アクセスの課題
 はじめに
 1 医薬アクセスはグローバルな政策課題である
 2 医薬アクセスとは何を意味するか?
 3 なぜ医薬アクセスはそんなに難しいのか?
 4 本書の構成
 5 研究の手法

第2章 医薬アクセスのフレームワーク
 はじめに
 1 フレームワークの鍵となる要素
 2 4つのアクティビティ・ストリーム
 3 フレームワークの種類
 4 フレームワークの利用

第3章 プラジカンテル――医薬品へのアクセス
 はじめに
 1 製品開発(フェーズ1)
 2 プラジカンテルの導入(フェーズ2)
 3 住血吸虫症コントロールイニシアチブ(SCI)を通したスケールアップ(フェーズ3)
 4 医薬アクセス拡大に向けたSCIの戦略
 5 医薬アクセスを維持するための課題(フェーズ4)
 結論

第4章 B型肝炎ワクチン――ワクチンへのアクセス
 はじめに
 1 製品開発(フェーズ1)
 2 途上国へのB型肝炎ワクチンの導入(フェーズ2)
 3 B型肝炎ワクチンのスケールアップ(フェーズ3)
 結論

第5章 マラリア迅速診断テスト――診断法へのアクセス
 はじめに
 1 製品開発(フェーズ1)
 2 迅速診断テストの導入(フェーズ2)
 3 スケールアップに向けた調整機構としてのWHOの登場(フェーズ3)
 結論

第6章 ノルプラント(皮下埋込式避妊薬)――避妊法へのアクセス
 はじめに
 1 製品開発(フェーズ1)
 2 途上国へのノルプラントの導入(フェーズ2)
 3 ノルプラントの国際的アクセスの拡大(フェーズ3)
 結論

第7章 ワクチン・バイアル・モニター――医療機器へのアクセス
 はじめに
 1 VVMの発見と試験(フェーズ1)
 2 経口ポリオワクチンへのVVMの導入(フェーズ2)
 3 VVMのEPIワクチンへのスケールアップ(フェーズ3)
 4 VVMのスケールアップによる影響
 5 現在の挑戦
 結論

第8章 女性用コンドーム――二重保護へのアクセス
 はじめに
 1 製品開発(フェーズ1)
 2 女性用コンドームの導入(フェーズ2)
 3 スケールアップのための戦略再考(フェーズ3)
 結論

第9章 総括――医薬アクセスなくして成功なし
 はじめに
 新たな知見1
 新たな知見2
 新たな知見3
 新たな知見4
 新たな知見5
 新たな知見6
 結論

 用語解説
 監訳者あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ