ホーム > バルト海を旅する40章
バルト海を旅する40章
本体2,000円+税
ISBN 9784750344782
判型・ページ数 4-6・296ページ
出版年月日 2017/02/25

バルト海を旅する40章  新刊

7つの島の物語

9つの国に囲まれるバルト海は、古くから海上交通によって人やモノが行き来し、交易や交流、そして紛争の場ともなってきた。そのバルト海を沿岸諸国の側からではなく、海上に浮かぶ7つの島から眺めることによって「海域」としての姿を描き出す知的な旅案内。

 はじめに バルト海域――島々へのいざない
 バルト海全図

第Ⅰ部 〈プロローグ〉島々からみたバルト海域の歴史

 1 バイキングとハンザ商人、騎士団――古代・中世のバルト海域を彩った人々
 2 スウェーデンからロシアへ――バルト海域の覇者の下で
 3 国民国家と世界大戦――嵐の時代のバルト海域
 4 冷戦、そして冷戦後とヨーロッパ統合の深化・拡大の中で――バルト海域の新たな時代

第Ⅱ部 サーレマー島――ネズの木の島

 5 司教の城
 6 騎士団との攻防
 7 島の自然
 8 占領と戦争と
 9 国境の島からリゾートの島へ
 [コラム1]3度名前が変わった町

第Ⅲ部 ヒーウマー島――白鳥の島

 10 「1日の島」ダゲー
 11 閉ざされた島の「伝説」
 12 中世の灯台
 13 島民気質
 14 ドイツとの縁
 [コラム2]サマー・ピープル

第Ⅳ部 オーランド諸島――架け橋の群島

 15 船とともに歩んできた島々
 16 スウェーデンとの関係
 17 熊の前足
 18 バルト海の架け橋
 19 変化の中で
 [コラム3]ルーツは島に

第Ⅴ部 ゴットランド島――石と花の島

 20 商人たちの盛衰
 21 教会の島
 22 石の墓、石の砦
 23 海賊群像
 24 船出した人々
 [コラム4]よみがえった鉄道

第Ⅵ部 エーランド島――陽光の島

 25 城を造った王たち
 26 北と南
 27 遺跡三態
 28 風車のある風景
 29 王家の保養地
 [コラム5]島を彩る伝説

第Ⅶ部 ボーンホルム島――風の島

 30 円形教会
 31 古城と統治者たち
 32 風景と画家
 33 未来への摸索
 34 戦争と島
 [コラム6]住民の劇場

第Ⅷ部 リューゲン島――環の島

 35 石段と白い崖の町
 36 幻のリゾート
 37 ラーン人
 38 領主たちの望み
 39 リゾートタウン点描
 [コラム7]冷戦の遺構

 40 〈エピローグ〉バルト7島の協力

 おわりに

同じジャンルの本

このページのトップへ