ホーム > 自閉症スペクトラムの子どもと「通じる関係」をつくる関わり方
自閉症スペクトラムの子どもと「通じる関係」をつくる関わり方
本体1,800円+税
ISBN 9784750343945
判型・ページ数 4-6・200ページ
出版年月日 2016/09/21

自閉症スペクトラムの子どもと「通じる関係」をつくる関わり方

言葉に頼らないコミュニケーション力を育てる

自閉症スペクトラムの子どもとコミュニケーションが取れないと悩むお母さんは、往々にして言葉を通したコミュニケーションに頼ります。しかしコミュニケーションの発達には言葉以前の要素が大きな比重を占めます。本書では「通じること」を重視し、通じる体験を積み重ねる方法を解説。

 はじめに

序章 ちょっとだけ自閉症スペクトラムの解説


第1部 発達について考えてみましょう

第1章 皆が同じには育たない

第2章 通じる体験を通したコミュニケーション
 1 一つの世界
 2 顔をじっと見る
 3 目が合うと微笑む
 4 表情が一致して変わる
 5 人見知り(8カ月不安)する
 6 まなざしが気にかかる
 7 なじむ
 8 なじみから安心感、安全基地へ

第3章 通じる体験が育てること
 1 体験とは?
 2 安全、安心、信頼
 3 自信、自己評価
 4 感情のコントロール
 5 つながりたい、関わってもらいたい
 6 意欲

第4章 言葉によって考える
 1 言葉が身につく
 2 言葉は考える道具
 3 言葉以前に身につけたことは考えて変更できない
 4 改めてコミュニケーションについて

第5章 二人関係の育ち
 1 世話をする人とされる人の関係
 2 対等な横の関係

第6章 子どもは社会の中で育つ
 1 親が社会に支えられ親子ともども育つ
 2 社会の中で子どもが育つ


第2部 自閉症スペクトラムの発達を理解しましょう

第7章 発達にしたがう
 1 キャッチする情報のズレ
 2 キャッチしている情報のズレに気がつく
 3 目を合わせる体験を増やす
 4 どんな情報をとらえやすいか
 5 いくらか通じ始める
 6 関わってもらって嬉しい
 7 共有情報が多くなれば甘えが強くなる
 8 ほめられて嬉しいが育つ
 9 意欲が育つ
 10 自信が育つ
 11 感情のコントロールを身につける
 12 体験貯蔵庫について

第8章 集団の中で育つ
 1 新しい場になれる
 2 一対一の関係作り
 3 一人遊び
 4 楽しそうにしている集団について回る
 5 子どもを理解して関わる人と関わりを持てる
 6 少しずつ関係がとれ始める
 7 ほめられて嬉しい、叱られていや
 8 おしゃまな女の子に世話をされる
 9 人への興味関心の増大

第9章 学校の中で
 1 特別支援学級か普通級か
 2 ジッと座っていることができない
 3 先生の話を聞けない
 4 隠れ場所
 5 学んで身につけたこと
 6 友達について

終章 体験によって育つ

 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ