ホーム > 英国における高齢者ケア政策
英国における高齢者ケア政策
本体4,000円+税
ISBN 9784750343990
判型・ページ数 A5・192ページ
出版年月日 2016/09/10

英国における高齢者ケア政策

質の高いケア・サービス確保と費用負担の課題

英国の高齢者ケアは、1990年代ブレア労働党政権の改革から、保守・自民連立政権下での2014年ケア法の制定に至る流れの中で、政治による挑戦が続けられている。最新動向まで視野に入れ体系的にまとめた、日本の介護保険政策への参考ともなる一冊。

 はしがき


第Ⅰ部 英国における高齢者ケア

第1章 英国の高齢者
 1 高齢者の概況
 2 高齢期の暮らし
 3 ケアを必要とする高齢者

第2章 高齢者ケアに関する行政と財政
 1 高齢者ケア・サービスの基本的枠組み
 (1)国と自治体
 (2)自治体によるケア・支援の実施
 2 高齢者ケア政策の主な展開
 (1)労働党政権時代:利用者中心の質の高いサービス
 (2)連立政権時代:自助・地域重視、公共支出削減の影
 3 高齢者ケアのための自治体予算
 (1)自治体の財政構造
 (2)高齢者ケア予算の抑制
 (3)緊縮財政の影響
 4 保健医療サービスとの連携
 (1)労働党政権時代の連携促進
 (2)連立政権時代の連携促進

第3章 高齢者ケア・支援サービスの利用
 1 ケア・支援サービスの利用
 (1)自治体によるニーズの認定とケア・支援の実施
 (2)利用者による選択
 2 利用者に対する支援
 (1)ケアプラン作成支援者の多様化
 (2)判断困難者に対する支援
 3 ケア・支援サービスの費用負担
 (1)負担能力に応じた自己負担
 (2)施設入所費用支払い繰延べ制度

第4章 在宅でのケア
 1 施設ケアから在宅ケアへ
 (1)コミュニティ・ケアの歩み
 (2)コミュニティ・ケアの推進
 2 在宅ケアの現状
 (1)在宅ケア・サービスの概況
 (2)在宅ケア・サービスの利用
 3 在宅での生活自立への支援
 (1)介護予防事業
 (2)中間ケア
 4 住まいへの対策

第5章 施設でのケア
 1 施設ケアの概況
 (1)ケアホームの体系
 (2)ケアホームの概況
 2 ケアホーム入所者の状況
 3 入所者に対する保健医療ケア
 4 ケアホームの経営・運営不安への対処
 5 よりよい施設ケアのための取組み


第Ⅱ部 高齢者ケアの向上を目指す政策

第6章 ケア・サービスの質の向上
 1 ケアの質の向上対策の歩み
 (1)労働党政権の取組み
 (2)連立政権による取組み
 2 質の向上に向けての取組み
 (1)ケア・サービス事業者による質の確保
 (2)ケアの質委員会による監査等
 (3)第三者組織による質の評価
 (4)ケア従事者の質の確保
 3 ケア・サービスの質の状況

第7章 ケア従事者の確保
 1 ケア従事者の概況
 (1)プロフィール
 (2)就業状況等
 2 ケア従事者の人材確保のための対策
 (1)労働党政権による取組み
 (2)連立政権による取組み
 3 人材確保における課題
 (1)厳しさを増す人材確保・定着
 (2)外国人・移民ケア労働者
 (3)ケア従事者の労働条件の改善
 (4)ケア従事者の新しい役割

第8章 介護者への支援
 1 介護者の現状
 (1)介護者のプロフィール
 (2)ケアの状況
 2 介護者支援対策の枠組み
 (1)介護者支援対策の歩み
 (2)2014年ケア法に基づく介護者支援
 3 介護者支援対策の実際
 (1)介護者が受ける支援サービス
 (2)民間団体による介護者支援事業等


第Ⅲ部 高齢者ケア改革の動向

第9章 ケア費用負担問題と2014年ケア法
 1 ケア費用負担問題への取組み
 (1)ケア費用負担問題の背景
 (2)労働党政権による検討
 (3)連立政権による見直し
 2 法律委員会による検討
 3 2014年ケア法の概要
 4 2014年ケア法の実施
 (1)新たなケア・支援ニーズ認定の実施等
 (2)キャップ方式の延期

第10章 民間保険商品への期待と検討
 1 民間保険商品への期待
 2 民間ケア保険商品
 3 エクイティ・リリース


 コラムA 保守党サッチャー政権下のコミュニティ・ケア改革
 コラムB 認知症対策の動向
 コラムC Torbay地域における介護者支援事業

 あとがき
 注
 参考文献・資料
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ