ホーム > ネオアパルトヘイト都市の空間統治
ネオアパルトヘイト都市の空間統治
本体6,800円+税
ISBN 9784750343914
判型・ページ数 A5・452ページ
出版年月日 2016/08/25

ネオアパルトヘイト都市の空間統治

南アフリカの民間都市再開発と移民社会

アパルトヘイトが撤廃され新生南アフリカが誕生したのが1994年。それから20余年を経た現在、人種的差別とは違った別の格差が社会の中で生み出されている。大都市ヨハネスブルグを題材に、現代南アフリカ社会が抱える構造的不正義を明らかにする論考。

序章 自由の迷走
 第1節 問題の所在
 第2節 包摂社会が生み出す排除
 第3節 研究対象・方法
 第4節 調査地

第1章 南アフリカと新自由主義
 第1節 ポストアパルトヘイト社会の苦悩
 第2節 新自由主義時代の生権力論

第2章 例外空間と構造的不正義
 第1節 新自由主義が生み出す例外空間
 第2節 要塞都市ヨハネスブルグ
 第3節 新自由主義時代のコミュニティ統治
 第4節 地理的不均等発展と公共空間
 第5節 構造的不正義に抗する空間的正義

第3章 アパルトヘイトとフォーディズム
 第1節 フォーディズムの統治性
 第2節 アパルトヘイトの移民労働システム
 第3節 アパルトヘイト都市と人種的フォーディズム
 第4節 新自由主義とアパルトヘイト撤廃
 第5節 ポストフォーディズムの統治性

第4章 インナーシティの空間編成史
 第1節 インナーシティの創造的破壊
 第2節 インナーシティのスーパーブロック化(1970~1990年)
 第3節 インナーシティの放棄(1990~2000年)
 第4節 インナーシティのプライベート都市化(2000年~現在)

第5章 ヨハネスブルグのクリエイティブ産業
 第1節 ポストフォーディズム時代の都市間競争
 第2節 ヨハネスブルグの新進黒人アーティスト
 第3節 Joburg Art Fair
 第4節 アートフェアとグローバル都市

第6章 「光の都市」の誕生
 第1節 ボヘミアンのノスタルジア
 第2節 文化主導インナーシティ再生
 第3節 「光の都市」の成長戦略

第7章 「闇の都市」に生きる移民
 第1節 「黄金の都市」の希望と絶望
 第2節 インナーシティのインフォーマル経済
 第3節 脅かされる貧困層の住まい
 第4節 労働者ホステルから失業者ホステルへ

第8章 「光の都市」のネオアパルトヘイト
 第1節 「光の都市」のネオアパルトヘイ
 第2節 ヨハネスブルグのジェントリフィケーション
 第3節 インナーシティ開発業者が求められる倫理
 第4節 インナーシティのネオアパルトヘイト

第9章 「光の都市」の社会工学
 第1節 包摂的コミュニティへの転換
 第2節 「光の都市」の起業家精神
 第3節 都市改良地区というアーキテクチャ
 第4節 「光の都市」のセキュリティ
 第5節 「場所づくり」とグラフィティ

第10章 「光の都市」の葛藤
 第1節 アイデンティティ政治
 第2節 奇妙なMaboneng
 第3節 境界侵犯
 第4節 「闇の都市」のアジール
 第5節 アフロフューチャリズム
 第6節 批評空間の提供
 第7節 包摂とは何か?

終章 正義への責任のために
 第1節 論点の整理
 第2節 救済の物語が生み出す社会的分離
 第3節 新たな生権力の担い手たち
 第4節 構造的不正義に抗する民主主義をめざして

 参考文献
 インフォーマント
 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ