ホーム > 国際理解教育 Vol.22
国際理解教育 Vol.22
本体2,500円+税
ISBN 9784750343433
判型・ページ数 B5・120ページ
出版年月日 2016/06/20

国際理解教育 Vol.22

特集は「道徳教育と国際理解教育」。2018年度から「特別な教科」となる道徳を、国際理解教育の視点からどのように捉えるのか。愛国心、シティズンシップの育成、宗教教育などとの関連からその類似と相違を明らかにし、実践していく上での課題を考える。

研究論文

国際理解教育における新たな参加型分析プロセスと成果検証方法の提案――個人別態度構造分析による異文化での学び[前田ひとみ]
国際理解教育は「国家」をいかに扱うか――国家間における葛藤を経験させる教育の展望[大山正博]
国際理解教育における「地域」の再考――開放性と重層性の視座から[小瑶史朗]

実践研究ノート

小学校国語学習でアイヌの昔話をどう取り上げるか――多文化教育の発想に立つことの意義[太田満]


特集 道徳教育と国際理解教育

特集研究論文
戦後の道徳教育と国際理解教育――「特別の教科 道徳」の課題を中心に[貝塚茂樹]
国際理解教育にとっての「特別の教科 道徳」の危険性[池田賢市]
シティズンシップの育成における対話と自己肯定感――「特別の教科 道徳」と国際理解教育の相違を手がかりに[荒木寿友]

特集研究ノート
「道徳教育」と国際理解教育――私学中高一貫校における宗教教育の観点から[神垣しおり]
国際理解と災後の道徳教育――国際理解教育と東日本大震災から見える災後の道徳教育の姿[宍戸仙助]


報告

日本国際理解教育学会第25回大会公開シンポジウム グローバル・シティズンシップの育成と国際理解教育[森茂岳雄]
研究・実践委員会 国際理解教育における教育実践と実践研究――その2 国際理解教育における実践研究のモデルを探る[嶺井明子]
国際委員会 日中共同「異己」理解・共生授業プロジェクトの概要[永田佳之/釜田聡]
博学連携教員研修ワークショップ 国際理解教育における博物館活用の可能性――ワークショップ10年をふりかえる報告書の作成[中山京子/居城勝彦/今田晃一/織田雪江]


新刊紹介

佐藤学・木曽功・多田孝志・諏訪哲郎編著『持続可能性の教育』[多田孝志]
石森広美著『生徒の生き方が変わるグローバル教育の実践』[石森広美]
渡部淳+獲得型教育研究会編『教育プレゼンテーション』[渡部淳]
長濱博文著『フィリピンの価値教育』[長濱博文]


  学会規約
  編集規定/投稿規定/審査の手順/執筆要項
  編集後記

このページのトップへ