ホーム > 明治維新とジェンダー
明治維新とジェンダー
本体3,000円+税
ISBN 9784750343648
判型・ページ数 4-6・212ページ
出版年月日 2016/06/20

明治維新とジェンダー

変革期のジェンダー再構築と女性たち

明治維新という日本の一大変革期に、ジェンダーは如何なる変容を遂げ、近代国家成立に向け再構築されていったのか。江戸の権力的空間に存在した女性である春日局、絵島が、明治期にどのように再ジェンダー化されたのか、等、重層的・構造的分析を行う。

 はじめに


第一部 日本のジェンダー史研究と本書の課題

第一章 日本のジェンダー史研究――米英との比較において
 一 米英における女性史・ジェンダー史研究
  1 アメリカにおける女性史・ジェンダー史研究
  2 イギリスにおける女性史・ジェンダー史研究
  3 米英の女性史・ジェンダー史研究の共通点と相違点
 二 日本の女性史研究とジェンダー史研究
  1 日本のフェミニズムと女性学
  2 日本女性史の研究動向
  3 ジェンダー概念の登場と日本女性史研究
  4 ジェンダー史研究の展開とジェンダー史学会の創設
  5 日本のジェンダー史研究の課題と方法

第二章 本書の課題と方法
 一 明治維新とジェンダー――研究史の概観
 二 本書の課題と方法


第二部 明治維新とジェンダー――再構築をめぐって

第一章 女中と明治維新――敗者復活戦から外された人々
 はじめに
 一 女中の空間・下女の空間
 二 女中のイメージ・下女のイメージ
 三 公的空間から私的空間へ
 四 下婢名称の登場と増加
 おわりに――敗者復活戦から外されて

第二章 江戸幕府の財政システムとジェンダー――寛政改革から幕末期までの奥向き支出
 はじめに
 一 幕府財政システムと「表」・「奥」
 二 寛政改革と奥向きへの支出
 三 幕末期奥向き支出の特徴
 おわりに

第三章 明治前期におけるジェンダーの再構築と語り――江戸の女性権力者「春日局」をめぐって
 一 自由民権・私擬憲法とジェンダー
 二 幕藩国家権力のジェンダー配置と春日局
 三 劇場空間の春日局
 四 おわりに――明治前期の「春日局」と「佐倉惣五郎」

第四章 明治前期のジェンダー再構築と絵島――江戸の女性権力者のゆくえ
 はじめに
 一 絵島事件と江戸の言説
 二 『江戸紫徳川源氏』の上演と絵島
 三 明治前期の劇場空間における「ジェンダーの政治」
 おわりに

第五章 まとめ


 あとがき
 初出一覧
 索引

このページのトップへ