ホーム > 経験資本と学習
経験資本と学習
本体3,700円+税
ISBN 9784750343600
判型・ページ数 A5・320ページ
出版年月日 2016/05/26

経験資本と学習

首都圏大学生949人の大規模調査結果

子どもの頃からの経験の積み重ねは、その後の人生にどのような影響を与えるのか。小学校から大学までの経験の蓄積が、どのように人を差異化し、学業や人間関係、満足度などを含む広い意味でのキャリア形成に影響を与えているのかを多様な観点から考察する。

 

【内容紹介】

『経験資本と学習』リーフレット(注文書)【PDF:1.4MB】

序章 経験資本とは何か(国立教育政策研究所:岩崎久美子)
 第1節 本書で経験を資本として捉える理由
 第2節 資本とは何か
 第3節 教育、文化、経験に関する資本
 第4節 人生における経験の意味
 第5節 本書で扱う経験の種類


―――第Ⅰ部 経験資本の実態―――

第1章 調査の枠組みと大学生の現状(前・ベネッセ教育総合研究所:柳澤文敬/べネッセ教育総合研究所:堀一輝)
 第1節 調査の方法
 第2節 調査項目
 第3節 認知的スキルの概要
 第4節 調査対象者の属性
 第5節 大学生の生活の現状
 第6節 大学生の認知的スキル
 第7節 まとめ

第2章 小中高および大学の学習経験(前・ベネッセ教育総合研究所:柳澤文敬)
 第1節 探究的な学習と基礎になる事項
 第2節 探究的な学びの方法論の学習経験
 第3節 探究的な学びの実践経験
 第4節 方法論の学習とその実践のギャップ
 第5節 認知的スキルのスコア、学習成熟度、生活満足度との関係
 第6節 まとめ

第3章 学習のしかたに関する経験(べネッセ教育総合研究所:伊藤素江)
 第1節 はじめに
 第2節 大学生が持つ学習に関する経験資本
 第3節 学習方略による学生類型
 第4節 学習方略と家庭環境
 第5節 過去の学習方略と現在の学習行動および学習成熟度
 第6節 まとめ

第4章 教課外の経験(べネッセ教育総合研究所:村田維沙)
 第1節 はじめに
 第2節 小学校から高校の頃の経験
 第3節 大学における経験
 第4節 子どもの頃の経験と現在の経験、能力との関係
 第5節 まとめ

第5章 読書経験(べネッセ教育総合研究所:堀一輝)
 第1節 はじめに
 第2節 大学生の読書状況と認知的スキル
 第3節 まとめ

第6章 困難や挫折の経験(国立教育政策研究所:岩崎久美子)
 第1節 困難や挫折の経験数
 第2節 困難や挫折の経験と進学大学偏差値
 第3節 現在の満足度や相談相手との関係
 第4節 困難や挫折の経験の種類と解決法
 第5節 まとめ


―――第Ⅱ部 経験資本と現在―――

第7章 大学生の学習成熟度(べネッセ教育総合研究所:伊藤素江)
 第1節 はじめに
 第2節 経験資本との関係
 第3節 学習成熟度と認知的スキル
 第4節 大学生の学習成熟度
 第5節 在学中の学習成熟度の低下を防ぐ手掛かり
 第6節 まとめ

第8章 大学生の時間の過ごし方(国立教育政策研究所:岩崎久美子)
 第1節 大学生の一週間の「予復習・課題」「自主的学習」「アルバイト」の時間数
 第2節 「予復習・課題」に費やす時間数
 第3節 「自主的学習」に費やす時間数
 第4節 「アルバイト」に費やす時間数
 第5節 夏休みはどのように過ごしているか
 第6節 資格をどのぐらい取得しているか
 第7節 まとめ

第9章 大学生の人間関係(労働政策研究・研修機構:下村英雄)
 第1節 大学生の人間関係を検討する意義
 第2節 大学生の人間関係の概要
 第3節 経験資本との関連
 第4節 本章のまとめ――経験資本と人間関係

第10章 諸経験のつながりとその作用(べネッセ教育総合研究所:堀一輝)
 第1節 はじめに
 第2節 分析方法
 第3節 分析結果
 第4節 まとめ

終章 経験資本の含意~その後の人生やキャリアとの関わり~(労働政策研究・研修機構:下村英雄)
 第1節 経験資本とキャリアの視点
 第2節 各章の結果にみる経験資本とキャリアの結びつき
 第3節 経験資本とキャリア支援・キャリア教育の関わり


 付録A 調査項目
 付録B 調査データの集計結果

同じジャンルの本

このページのトップへ