ホーム > 性問題行動のある知的・発達障害児者の支援ガイド
性問題行動のある知的・発達障害児者の支援ガイド
本体2,200円+税
ISBN 9784750343495
判型・ページ数 B5・136ページ
出版年月日 2016/05/23

性問題行動のある知的・発達障害児者の支援ガイド

性暴力被害とわたしの被害者を理解するワークブック

知的障害や発達障害がある子ども・青年の性問題行動に対応するためのワークブック。ワークを通して、当事者と支援者が性についての正しい知識を学び、性逸脱行動の予防を図ることを目的とする。第1部は理論編、第2部は書き込み式ワークブック。

 まえがき

第1部 性問題行動の理解と支援

第1章 性問題行動をどのようにとらえるか
 1.性問題行動をどのようにとらえるか
 (1)性とセクシュアリティ
 (2)性行動と性問題行動
 (3)「同意」の有無が性暴力かどうかを決める
 2.性問題行動へのアプローチ
 (1)心理的支援の枠組み
 (2)認知の背景を考える
 3.グッド・ライブス・モデルにつながる『いままでの私/あたらしい私』モデル

第2章 性問題行動への心理的アプローチ
 1.心理的支援の3領域
 (1)領域a)性問題行動の再発・再犯の防止
 (2)領域b)セクシュアリティの心理教育
 (3)領域c)習得した知識とスキルを実行して生きる
 2.セクシュアリティのアセスメント
 (1)アセスメントの前に
 (2)性問題行動のアセスメント
 (3)包括的なアセスメント
 (4)性について
 3.心理教育・心理治療の進め方
 (1)心理教育・心理治療の契約
 (2)プログラム実施者の態度
 4.被害者への共感的理解に近づく
 マスターベーションのルール

第3章 日常生活での実践と支援
 1.習得したスキルや知識の実践のための支援
 (1)女性と仲良くなりたいAさん
 (2)通所事業所を利用しているBさん
 2.生活場面で対処スキルを完成させる
 (1)心理的支援と生活支援のつながり
 (2)スキルの実行・点検・修正
 (3)情報共有の重要性
 (4)「あたらしい私」としての出発


第2部 『性暴力被害とわたしの被害者を理解するワークブック』を使った支援

第4章 『性暴力被害とわたしの被害者を理解するワークブック』ガイド
 1.基本的な考え方と構成
 (1)ワークの目的
 (2)ワークの構成
 2.各セクションのねらいと指導
 (1)実施に際しての留意点
 (2)実施のポイント


第5章 『性暴力被害とわたしの被害者を理解するワークブック』
 シート1.ワークの目的
 シート2.性暴力とは
 シート3.性暴力の被害者(1)
 シート4.性暴力の被害者(2)
 シート5.性暴力の被害者(3)
 シート6.トラウマとは
 シート7.ストレスをかんじたときの〈からだの調子〉〈気もち〉〈考えかた〉〈行動〉
 シート8.性暴力をうけたあとにおこる問題(トラウマ症状の例)
 シート9.Aさんの場合
 シート10.Aさんは被害のためにたいへんこまっています
 シート11.Bちゃんの場合
 シート12.Bちゃんは被害者なのに、自分がわるいとおもいました
 シート13.Cさんの場合
 シート14.Cさんは登校や外出ができなくなりました
 シート15.Dさんの場合
 シート16.Dさんはお酒にたよってしまい、会社をやめました
 シート17.リラックスしましょう
 シート18.わたしの被害者(1)
 シート19.わたしの被害者(2)
 シート20.わたしの被害者の気もちの理解(1)
 シート21.わたしの被害者の気もちの理解(2)
 シート22.わたしの被害者へつたえること
 シート23.わたしの家族のこと(1)
 シート24.わたしの家族のこと(2)
 シート25.ワークの復習
 シート26.ワークの感想

同じジャンルの本

このページのトップへ