ホーム > 「保育プロセスの質」評価スケール
「保育プロセスの質」評価スケール
本体2,300円+税
ISBN 9784750342337
判型・ページ数 B5・120ページ
出版年月日 2016/02/15

「保育プロセスの質」評価スケール

乳幼児期の「ともに考え、深めつづけること」と「情緒的な安定・安心」を捉えるために

本書は、英国における保育の質と子どもの発達に関する縦断研究を踏まえて開発された、保育プロセスの質評価のための尺度である。日々の保育者と子どもたちとのやりとりを、質的に、きめ細やかに捉えようとする内容であり、保育の現場で活用できるよう工夫されている。

 はじめに(秋田喜代美・淀川裕美)

 謝辞
 序文(キャシー・シルヴァ)

 SSTEW(「ともに考え、深めつづけること」と「情緒的な安定・安心」)スケールのご紹介
 SSTEWスケールの作成経緯
 SSTEWスケールの内容

【はじめにこちらをお読みください】
 SSTEWスケールを使用する前の準備
 ・はじめる前のガイド【重要】
 ・判断のポイント
  ・ポジティブな行動・応答・かかわりについての判断
  ・ネガティブな行動・応答・かかわりについての判断
 ・観察の手順
 ・評定の手順
  ・SSTEWスケールのスコアシート・プロフィール・信頼性確認シート

【サブスケール1】信頼、自信、自立の構築
 ・項目1 自己制御と社会的発達
 ・項目2 子どもの選択と自立した遊びの支援
 ・項目3 小グループ・個別のかかわり、保育者の位置取り

【サブスケール2】社会的、情緒的な安定・安心
 ・項目4 社会情緒的な安定・安心

【サブスケール3】言葉・コミュニケーションを支え、広げる
 ・項目5 子ども同士の会話を支えること
 ・項目6 保護者が子どもの声を聴くこと、子どもが他者の言葉を聴くように支えること
 ・項目7 子どもの言葉の使用を保育者が支えること
 ・項目8 迅速で適切な応答

【サブスケール4】学びと批判的思考を支える
 ・項目9 好奇心と問題解決の支援
 ・項目10 お話・本・歌・言葉遊びを通した「ともに考え、深めつづけること」
 ・項目11 調べること・探究を通した「ともに考え、深めつづけること」
 ・項目12 概念発達と高次の思考の支援

【サブスケール5】学び・言葉の発達を評価する
 ・項目13 学びと批判的思考を支え、広げるための評価の活用
 ・項目14 言葉の発達に関する評価

 スコアシート(事前記入用)
 スコアシート(観察直後記入用)
 プロフィール(複数回の観察・共同観察用)
 子どもの発達について――SSTEWスケールとの関連から
 評価者間の信頼性確認シート(共同観察用)
 参考文献

【解説】
 ・代表的な保育の質評価スケールの紹介と整理(淀川裕美・秋田喜代美)
 ・保育の質的尺度ECERS-Rとの関係および日本での『保育環境評価スケール』実践からの示唆(埋橋玲子)
 ・日本の保育実践の質のさらなる向上への示唆(秋田喜代美)

 あとがき(秋田喜代美)

このページのトップへ