ホーム > 欧米社会の集団妄想とカルト症候群
欧米社会の集団妄想とカルト症候群
本体3,400円+税
ISBN 9784750342436
判型・ページ数 4-6・400ページ
出版年月日 2015/09/30

欧米社会の集団妄想とカルト症候群

少年十字軍、千年王国、魔女狩り、KKK、人種主義の生成と連鎖

現代の問題とも深く関わる集団妄想やカルトは、過去の欧米諸国において、どのようなものが生まれ、猛威を振るったのか。その生成のメカニズムを、異端狩り、魔女狩り、人種差別ほかの豊富な事例を通史的に展望しながら宗教・社会史的な視点から考察する。

序章 欧米の集団妄想とカルト症候群[浜本隆志]

第1章 もう一つの十字軍運動と集団妄想[浜本隆志]

第2章 フランス、ドイツ、スペインの異端狩り[浜本隆志]

第3章 ペストの蔓延と鞭打ち苦行者の群れ[浜本隆志]

第4章 トレントの儀礼殺人とユダヤ人差別[森貴史]

第5章 人狼伝説から人狼裁判へ[溝井裕一]

第6章 ミュンスターの再洗礼派と千年王国の興亡[浜本隆志]

第7章 魔女狩りと集団妄想[浜本隆志]

第8章 アメリカに飛び火したセイラムの魔女狩り[浜本隆三]

第9章 フランスの王政復古と幻視──天空の十字架、大天使の出現、蘇る聖遺物崇敬[柏木治]

第10章 ルルドの奇蹟と聖母巡礼ブームの生成[柏木治]

第11章 カンパーの顔面角理論からナチスの人種論へ[森貴史]

第12章 アメリカの秘密結社クー・クラックス・クラン──人種差別団体の実像[浜本隆三]

第13章 ヒトラー・ユーゲントの洗脳[細川裕史]

第14章 ヒトラー演説と大衆[高田博行]

終章 集団妄想とカルト症候群の生成メカニズム[浜本隆志]

 あとがき

 主要参考文献一覧
 図版出典一覧
 編著者紹介・執筆者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ