ホーム > 米兵犯罪と日米密約
米兵犯罪と日米密約
本体3,000円+税
ISBN 9784750342177
判型・ページ数 4-6・224ページ
出版年月日 2015/07/30

米兵犯罪と日米密約

「ジラード事件」の隠された真実

昭和32年、群馬県の相馬ヶ原演習場で日本人主婦が射殺された。「弾拾い」の女性を雀でも撃つように銃撃した米兵に、「重罪」としないという日米密約によって、日本の司法が執行猶予四年の判決を下した。何を裁き、何を裁けなかったのか? 今、鋭く検証する。

 まえがき

第一章 米兵ジラードの犯罪
 一 薬キョウによる殺害
 二 意外な情報源
 三 相馬ヶ原
 四 弾を拾う

第二章 米兵を立件する
 一 社会党の追及
 二 困難な米兵の立件に挑む
 三 裁判権をめぐる係争

第三章 「ジラード事件」と昏迷するアメリカ
 一 裁判権で迷走するアメリカ政府
 二 ジラード側、政府を訴える
 三 新聞と世論
 四 紛糾する議会

第四章 下された判決と日米の密約
 一 裁判権の行方と密約の存在
 二 公判はじまる
 三 判決とその評価

 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ