ホーム > 番犬の流儀
番犬の流儀
本体2,000円+税
ISBN 9784750342153
判型・ページ数 4-6・268ページ
出版年月日 2015/07/14

番犬の流儀

東京新聞記者・市川隆太の仕事

54歳で突然この世を去った東京新聞の反骨記者・市川隆太。「こちら特報部」で反共謀罪キャンペーンを展開し世論をリードして廃案に追い込むなど、権力を監視する「番犬(ウオッチ・ドッグ)」を生涯貫いた。報道の危機が叫ばれる中、あらためて市川氏の仕事を振り返り、ジャーナリズムの本質を問う。

 はじめに――今も信じられない不在[瀬口晴義]

第1章 安倍政権を嗤う
 Ⅰ メディアは希代の悪法に立ち向かえるか
 Ⅱ これは「始まり」にすぎない
 Ⅲ 憲法は誰のもの
 Ⅳ 取材の品格
 ○追悼コラム[海渡雄一]
 ○追悼コラム[田島泰彦]

第2章 反共謀罪キャンペーンとこちら特報部
 Ⅰ 疑問だらけの共謀罪法案
 Ⅱ それでも美しい国?
 ○追悼コラム[田原牧]

第3章 初心を忘れず、流されず
 Ⅰ 私たちは良い番犬だろうか
 Ⅱ 若者いじめの国
 Ⅲ 問われる社会の度量
 Ⅳ 事件報道――新聞 vs 検察
 ○追悼コラム[魚住昭]

第4章 追悼 市川隆太
 もっと沖縄を 背中を押した市川さん[赤井朱美]
 市川隆太記者と人権擁護法案[小林健治]
 流星のごとく[澤木範久]
 市川さんとわたしと東京新聞[清水勉]
 社会部記者の理想を体現[菅沼堅吾]
 市川さんが書いてくれた記事[田口嘉孝]
 永遠の月光仮面[貫田直義]
 「共謀罪」の強行採決を止めた市川記者のペンの力[保坂展人]
 外国人の人権問題と市川さん[師岡康子]

 おわりに――あとから続くために[中山洋子]

 市川隆太略歴

同じジャンルの本

このページのトップへ