ホーム > 盲人福祉の歴史
盲人福祉の歴史
本体5,500円+税
ISBN 9784750342108
判型・ページ数 A5・316ページ
出版年月日 2015/06/26

盲人福祉の歴史

近代日本の先覚者たちの思想と源流

好本督・中村京太郎・熊谷鉄太郎という「盲人福祉」の3人の先覚者の系譜をたどり、近代日本における盲人福祉史の源流をたどっていく。3人は我が国の盲人社会に、盲人による人権の獲得や盲人の生活の近代化という基礎づくりを基盤としてなされた新しい盲人福祉史の源流をつくった。彼らの個々の生涯のみならず、その連続性に注目し、歴史的な背景とともに、その位置や意義を考察する。

 まえがき

はじめに

序章 近代日本における盲人福祉史の源流を探る
 第1節 テーマの設定とこの研究の意義
  1 テーマの設定
  2 本テーマの趣旨
  3 この研究の意義
 第2節 研究の目的と方法
  1 研究の目的と対象
  2 研究の方法
  3 三つの視点
 第3節 論述上留意した用語について
  1 我が国の近代盲人福祉を考える上での「近代」の問題
  2 盲教育と盲人福祉
  3 福祉と文化
  4 福祉と人権
 第4節 先行文献の検討と資料の渉猟
  1 先行文献の検討
  2 資料の渉猟と整理
 第5節 全体の構成
 初出論文一覧


第1章 新しい盲人福祉の要求――好本督とイギリスの盲人福祉
 はじめに
 第1節 好本督の人と思想
  1 その生涯
  2 好本督と英国
  3 好本督と「祈り」
  4 好本督にとっての「隣人」
 第2節 『真英国』と『日英の盲人』を中心に
  1 新しい盲人福祉への要求
  2 先行文献の検討
  3 好本督のイギリス盲人福祉の紹介
 おわりに

第2章 近代盲人福祉の先覚者・好本督――「日本盲人会」の試み
 はじめに
 第1節 「日本盲人会」の結成に至るまで
  1 盲人のおかれた社会の実情と盲人福祉の実態
  2 好本督の帰国
  3 第二回の帰国のあらまし
 第2節 「日本盲人会」の結成
  1 「日本盲人会」の結成について
  2 「日本盲人会」解消以後
 おわりに

第3章 中村京太郎と点字投票運動
 はじめに
 第1節 中村京太郎の人と思想
  1 その生涯
  2 中村京太郎と好本督
  3 中村京太郎と英国留学
  4 二つの論説から
 第2節 中村京太郎と点字投票運動
  1 研究の目的と先行文献
  2 点字投票公認に至るまで
  3 「大阪毎日慈善団」と『点字大阪毎日』
  4 中村京太郎と点字投票運動
  5 市民権から社会権へ
 おわりに

第4章 中村京太郎と盲女子の保護問題――「関西盲婦人ホーム」を中心に
 はじめに
 第1節 中村京太郎と「関西盲婦人ホーム」
  1 研究の目的と先行研究
  2 中村京太郎の盲女子への関心と取り組み
  3 「関西盲婦人ホーム」設立趣意書と活動のあり方
  4 初期の盲女子保護問題
  5 終戦とともに
 第2節 戦後再開された「関西盲婦人ホーム」に生きる中村京太郎の精神
  1 研究の目的と先行文献
  2 越岡ふみの生涯
  3 「関西盲婦人ホーム」の活動とその実態
  4 越岡ふみ没後の「関西盲人ホーム」の推移
  5 ホームに生きる中村京太郎の精神
 おわりに

第5章 熊谷鉄太郎と盲人牧師への道
 はじめに
 第1節 熊谷鉄太郎と盲人福祉――盲人文化運動を中心に
  1 盲人福祉に立ち上がった先覚者・熊谷鉄太郎
  2 熊谷鉄太郎についての先行研究
  3 自伝と略歴
  4 牧師としての歩み
  5 熊谷鉄太郎の盲人文化運動
  6 盲人文化運動が残したもの
 第2節 熊谷鉄太郎の文書伝道
  1 熊谷鉄太郎は三冊の自伝をなぜ書いたのか
  2 新職業に夢をのせて
  3 熊谷鉄太郎につづく盲人自叙伝の著者
 おわりに

第6章 ジャーナリスト・中村京太郎と牧師・熊谷鉄太郎
 はじめに
 第1節 ジャーナリスト・中村京太郎と牧師・熊谷鉄太郎の誕生
  1 ジャーナリスト・中村京太郎の誕生
  2 牧師・熊谷鉄太郎の誕生
 第2節 文筆の活動を通して
  1 熊谷鉄太郎の文筆活動
  2 中村京太郎の文筆活動
 第3節 盲人福祉を目指して
  1 近代盲人福祉の流れ
  2 組織・運動
  3 事業
 第4節 影響を受けた人たち
 おわりに

結びに代えて


 あとがき
 参考文献
 人名索引

同じジャンルの本

このページのトップへ