ホーム > 同性愛と同性婚の政治学
同性愛と同性婚の政治学
本体3,000円+税
ISBN 9784750342061
判型・ページ数 4-6・308ページ
出版年月日 2015/06/30

同性愛と同性婚の政治学

ノーマルの虚像

米国を代表する政治評論家が同性愛に関して異なる4つの政治的立場から検討し、法社会と自由主義社会とは何かを探るとともに、同性婚法制化についての意義を問う。現在の米国における同性愛者の社会的位置づけの基礎を築いた本書は同性婚が議論され始めた日本においても必読。

 日本語版刊行にむけて Preface to the Japanese Edition アンドリュー・サリヴァン

はじめに Preface

プロローグ Prologue
   同性愛者とは何か What Is a Homosexual?

第1章 同性愛禁止論者 The Prohibitionists

第2章 性解放主義者 The Liberationists

第3章 保守派 The Conservatives

第4章 リベラル派 The Liberals

第5章 同性愛の政治学 A Politics of Homosexuality

エピローグ Epilogue
   同性愛者の役割 What Are Homosexuals For?

おわりに Afterword

主要な参考文献 Select Bibliography

謝辞 Acknowledgments

 監訳者あとがき Translator's Afterword 本山哲人

 日本における同性愛者の法的、社会的現状 The Legal and Social Status of Homosexuals in Japan Today 山下敏雅

同じジャンルの本

このページのトップへ