ホーム > 国際理解教育 Vol.21
国際理解教育 Vol.21
本体2,500円+税
ISBN 9784750342047
判型・ページ数 B5・128ページ
出版年月日 2015/06/20

国際理解教育 Vol.21

特集は「教師教育と国際理解教育」。ホリスティック・アプローチによる教師教育の可能性、日韓の教育研究交流、ミュージアムにおける教員研修、国際バカロレア認定校での実践、内発的な研修から生まれる実践研究コミュニティなど、多様な視点から考究する。

研究論文
 一条校による国際バカロレア導入の意図と背景――学校管理職の語りから[渋谷真樹]
 ESDにおける「自己変容と社会変容をもたらす学び」――国連欧州経済委員会による理論的枠組みに焦点をあてて[曽我幸代]


特集 教師教育と国際理解教育

特集研究論文
 グローバル時代の国際理解教育と教師教育の未来ホリスティック・アプローチの可能性[成田喜一郎]
 日韓の教育研究交流と教師の成長――日韓の教師への質問紙調査と半構造化インタビューから[釜田聡]

特集実践研究論文
 国際理解教育の観点からみた小学校教員の意識の変容――外国人講師との関わりから[高井延子]

特集研究ノート
 ミュージアムにおける教員研修ワークショップの可能性――国際理解教育における博物館の活用[佐藤優香]
 国際バカロレアの教育で「グローバル人材の育成」を行う教師と学校[星野あゆみ]
 内発的な研修から生まれる国際理解教育の実践研究コミュニティー[林敏博]

研究ノート
 中学生は他国をどう見ているのか――日本・中国・米国の中学生に対するアンケート調査結果報告[中橋真穂/潘英峰/義永美央子]


実践研究ノート
 ESDによる学校経営と教育実践の変革――ESDを学校の授業で活かすための教育システムの構築[中井精一]


報告
 【日本国際理解教育学会第24回大会公開シンポジウム】ESDの10年の到達点と今後の方向性[中澤静男]
 【研究・実践委員会】国際理解教育における教育実践と実践研究――その1 国際理解教育における実践研究の視座[嶺井明子]
 【国際委員会】「ESD公開学習会」をふり返る――〈ESDの森〉の淵に賑わいをもたらすということ[永田佳之]
 【博学連携教員研修ワークショップ】国際理解教育における博物館活用の可能性――大阪府教員初任者研修と第10回国立民族博物館を活用したワークショップ型教員研修の試み[木村慶太/中山京子]


資料
 「ESDに関するあいち・なごや宣言」を読み解く――「国連ESDの10年」の成果と課題[永田佳之]
 付 あいち・なごや宣言[文部科学省仮訳]


書評/新刊紹介
 北山夕華著『英国のシティズンシップ教育』[藤原孝章]
 渡部淳+獲得型教育研究会編『教育におけるドラマ技法の探究』[渡部淳]
 林泰成・山名淳他編著『教員養成を哲学する』[成田喜一郎]
 永添祥多著『高等学校の日本文化理解教育』『日本文化理解教育の目的と可能性』『地域を創る日本文化理解教育』[永添祥多]


  学会規約
  編集規定/投稿規定/審査の手順/執筆要項
  編集後記

このページのトップへ