ホーム > 臨床現場で使える思春期心理療法の経過記録計画
臨床現場で使える思春期心理療法の経過記録計画
本体6,500円+税
ISBN 9784750341989
判型・ページ数 B5・520ページ
出版年月日 2015/05/30

臨床現場で使える思春期心理療法の経過記録計画

既刊書の『臨床現場で使える思春期心理療法の治療計画』に対応する経過記録計画。学業不振、発達障害から虐待、自殺まで思春期における33の病態に対する治療計画とクライエントの状態評価・介入評価を詳解した実践ガイド。米国のベスト&ロングセラーシリーズの邦訳。

 シリーズ序文
 謝辞
 はじめに

第1章 学業不振(Academic underachievement)
第2章 養子に関する問題(Adoption)
第3章 怒りのマネジメント(Anger management)
第4章 不安(Anxiety)
第5章 注意欠如・多動性障害(ADHD)(Attention-deficit/Hyperactivity disorder)
第6章 自閉症/広汎性発達障害(Autism/Pervasive developmental disorder)
第7章 混合家族(Blended family)
第8章 精神作用物質依存(Chemical dependence)
第9章 素行障害または非行(Conduct disorder/Delinquency)
第10章 抑うつ状態(Depression)
第11章 離婚への反応(Divorce reaction)
第12章 摂食障害(Eating disorder)
第13章 未解決の悲嘆または喪失(Grief/Loss unresolved)
第14章 低い自尊感情(Low self-esteem)
第15章 躁病または軽躁病(Mania/Hypomania)
第16章 身体疾患(Medical condition)
第17章 精神遅滞(Mental retardation)
第18章 悪い仲間からの影響(Negative peer influences)
第19章 反抗挑戦性(Oppositional defiant)
第20章 子育てにおける問題(Parenting)
第21章 仲間またはきょうだいとの葛藤(Peer/Sibling conflict)
第22章 身体的または心理的虐待の犠牲者(Physical/Emotional abuse victim)
第23章 心的外傷後ストレス障害(PTSD)(Posttraumatic stress disorder)
第24章 精神病(Psychoticism)
第25章 家出(Runaway)
第26章 校内暴力(School violence)
第27章 性的虐待の加害者(Sexual abuse perpetrator)
第28章 性的虐待の被害者(Sexual abuse victim)
第29章 性的行動化(Sexual acting out)
第30章 性同一性の混乱(Sexual identity confusion)
第31章 社交恐怖または内気(Social phobia/Shyness)
第32章 特定の恐怖症(Specific phobia)
第33章 自殺念慮または企図(Suicidal ideation/Attempt)

 監修者あとがき
 著者紹介
 監修者・訳者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ