ホーム > 弁護士のワークライフバランス
弁護士のワークライフバランス
本体3,800円+税
ISBN 9784750341835
判型・ページ数 A5・240ページ
出版年月日 2015/04/30

弁護士のワークライフバランス

ジェンダー差から見たキャリア形成と家事・育児分担

弁護士などの高度専門職にも、職場や家庭での男女性差は存在するのだろうか? 比較的に男女平等と思われている法曹社会のキャリア形成や家事・育児のジェンダーギャップを、詳細な統計的社会調査に基づいて分析、そのジェンダー間格差を明らかにする。

 

【執筆者一覧】

中村 真由美(なかむら・まゆみ) ※編著者プロフィールを参照

石田 賢示(いしだ・けんじ)
東京大学社会科学研究所助教。1985年石川県生まれ。東北大学教育学部卒、東北大学大学院教育学研究科博士後期課程修了(博士(教育学))。専門は社会階層論、社会ネットワーク論、経済社会学。主な論文に、「若年労働市場における社会ネットワークと制度的連結の影響」(『社会学年報』40号、2011年)、「学校から職業への移行における「制度的連結」効果の再検討」(『教育社会学研究』94集、2014年)など。

三輪 哲(みわ さとし)
東北大学大学院教育学研究科准教授。1972年静岡県生まれ。日本学術振興会特別研究員、東京大学社会科学研究所附属日本社会研究情報センター助手・同助教授・同准教授を経て、現職。主な著書に『SPSSによる応用多変量解析』(共編著、オーム社、2014年)、『日本の社会階層とそのメカニズム』(共編著、白桃書房、2011年)、『社会調査のための統計学』(共著、技術評論社、2011年)、『結婚の壁―非婚・晩婚の構造―』(共編著、勁草書房、2010年)など。

朝岡 誠(あさおか・まこと)
立教大学社会情報教育研究センター助教。1977年愛知県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。主な論文に「誰がデモに参加するのか?―デモは市民的活動か、感情的行動か―」(田辺俊介編『民主主義の「危機」―国際比較調査からみる市民意識―』、2014年)、「ワンステップ内で伝わる評判の効果」(数理社会学会編『理論と方法』49号、2011年)など。

松田 典子(まつだ・のりこ)
文教大学専任講師。1978年生まれ。お茶の水女子大学大学院博士後期課程単位取得退学、実践女子大学助教を経て現職。主な論文に「事務職派遣労働者の派遣経験による教育訓練効果」(『人間文化創成科学論叢』(お茶の水女子大学)第11巻)など。

 はしがき

序章 なぜ今、弁護士のワークライフバランスなのか?[中村真由美]
 1.弁護士のワークライフバランスに注目する理由
 2.分析に用いるデータ
 3.本書の構成


第Ⅰ部 研究編

第1章 弁護士のキャリア移動に見られるジェンダー差[石田賢示・三輪哲]
 1.弁護士のキャリア移動のありように迫ることの目的と本章のねらい
 2.弁護士の働き方の今――現在の仕事・職場、年齢の分布
 3.弁護士の初期キャリアの姿をとらえる
 4.弁護士のキャリア移動のパターンを明らかにする
 5.法曹職のキャリア移動の背後に存在する男女差はどのようにあらわれてきたか

第2章 法曹職における入職経路と地位達成のジェンダー間比較[朝岡誠]
 1.問題の所在
 2.先行研究の整理
 3.使用するデータと変数
 4.結果
 5.結論

第3章 弁護士の専門分野とジェンダー[中村真由美]
 1.弁護士の専門分野におけるジェンダー差
 2.女性は「感情労働」「ケア労働」に従事しやすい?
 3.使用するデータと変数
 4.分析
 5.専門分野とベネフィット
 6.結論

第4章 弁護士の仕事を辞めたいと思った経験の要因分析――弁護士の離職行動の男女比較[松田典子]
 1.近年見られる離職の増加
 2.離職行動と意識、職場環境との関係
 3.使用するデータと変数
 4.分析結果
 5.まとめ――仕事と家庭生活が両立できるように育児支援制度等の職場環境の整備を

第5章 弁護士の性役割観・家事時間・労働時間[中村真由美]
 1.はじめに
 2.弁護士の性役割観
 3.弁護士と家事時間
 4.弁護士と子育て負担
 5.弁護士と労働時間
 6.まとめ

第6章 弁護士の結婚と子供[中村真由美]
 1.はじめに
 2.弁護士の結婚と出産
 3.弁護士の育児支援制度
 4.出産のタイミングと地位
 5.弁護士の出産の規定要因(重回帰分析)
 6.まとめ

終章 弁護士のワークライフバランスとジェンダー[中村真由美]


第Ⅱ部 資料編

 資料1.調査結果の概要
 資料2.調査票(日本女性法律家協会会員向け)
 資料3.調査票(日本弁護士連合会会員向け)
 資料4.日本女性法律家協会会員調査・集計表
 資料5.日本弁護士連合会会員調査・集計表


 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ