ホーム > ダイレクト・ソーシャルワーク ハンドブック
ダイレクト・ソーシャルワーク ハンドブック
本体25,000円+税
ISBN 9784750341712
判型・ページ数 B5・980ページ
出版年月日 2015/03/31

ダイレクト・ソーシャルワーク ハンドブック

対人支援の理論と技術

北米の大学院で長年使われているソーシャルワークの基本図書。ソーシャルワークとは何かから始まり、アセスメントや援助計画、効果的なコミュニケーション法、解決のための方略、資源開発、そして援助の終結まで最新の欧米の知見と豊富な事例をベースに論じる。

 

【内容紹介】

リーフレット(注文書)【PDF:4.2MB】

 序文
 謝辞
 監修者はしがき


第1部 序論

第1章 ソーシャルワークの課題
第2章 ダイレクト実践――対象領域、理念、役割
第3章 援助プロセスの概要
第4章 ソーシャルワークの基本的価値の実現


第2部 探索、アセスメント、計画

第5章 コミュニケーションの確立――共感的でオーセンティックなコミュニケーション
第6章 相手の話に沿い、問題を探り、焦点を当てる技術
第7章 逆効果を生むコミュニケーション・パターンの除去
第8章 アセスメント――問題とストレングスの探求と理解
第9章 アセスメント――個人的要因、対人的要因、環境的要因
第10章 多様な家庭的・文化的背景を持つ家族の機能のアセスメント
第11章 ソーシャルワークにおけるグループの形成と評価
第12章 目標の設定と契約の締結


第3部 変化をめざす段階

第13章 変化をめざす方略の計画と実行
第14章 介入の方略としての資源開発、組織化、プランニング、およびアドボカシー
第15章 家族関係の強化
第16章 ソーシャルワーク・グループへの介入
第17章 専門家によるより深い共感、解釈、および直面化
第18章 変化の阻害要因の扱い方


第4部 終結の段階

第19章 最終段階――評価と終結


 文献
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ