ホーム > OECD幸福度白書2
OECD幸福度白書2
本体4,500円+税
ISBN 9784750341361
判型・ページ数 A4変・256ページ
出版年月日 2015/01/31

OECD幸福度白書2

より良い暮らし指標:生活向上と社会進歩の国際比較

人々の幸福にとって最も重要なものは何か? シリーズ2巻目となる本書では、まず近年の幸福の傾向を概観し、世界金融危機による影響、男女格差の問題、仕事と雇用の各分野における幸福を詳細に考察する。未来に向けた幸福の持続可能性についても検討する。

 序文
 利用にあたって
 刊行にあたって:人を中心に
 概要

第1章 「OECDより良い暮らしイニシアチブ」:コンセプトと指標
 第1節 「OECDより良い暮らしイニシアチブ」を超えて
 第2節 幸福を測定する枠組み
 第3節 指標の選択
 第4節 指標のダッシュボードの利用
 第5節 『幸福度白書』における統計上の課題:2011年からの進展
 第6節 結び
 付録1.A1 総合的幸福度における各国の強みと弱みを評価する

第2章 幸福度概観
 第1節 所得と資産
 第2節 仕事と報酬
 第3節 住居
 第4節 健康状態
 第5節 ワーク・ライフ・バランス
 第6節 教育と技能
 第7節 社会とのつながり
 第8節 市民参加とガバナンス
 第9節 環境の質
 第10節 生活の安全
 第11節 主観的幸福
 第12節 結び

第3章 幸福と世界金融危機
 第1節 はじめに
 第2節 所得と資産
 第3節 仕事と報酬
 第4節 健康状態
 第5節 主観的幸福
 第6節 市民参加
 第7節 社会とのつながり
 第8節 統計上の今後の課題
 第9節 結び
 付録3.A1 各国補足資料

第4章 幸福の男女格差:女性も男性も全ての幸福を手に入れられるか?
 第1節 男女の不平等と幸福
 第2節 幸福における男女差を測定する
 第3節 女性と男性の一生
 第4節 有償労働と無償労働における男女格差
 第5節 社会における男女格差
 第6節 統計上の今後の課題
 第7節 結び
 付録4.A1 時間的貧困の決定因子
 付録4.A2 親密なパートナーによる暴力の決定因子

第5章 職場における幸福:仕事の質を測る
 第1節 はじめに
 第2節 就業の質を測定する
 第3節 急速に変化する労働市場における仕事と報酬
 第4節 ワーク・ライフ・バランスを超えて:職場における生活の質を測定する
 第5節 統計上の今後の課題
 第6節 結び
 付録5.A1 仕事の要求度と仕事の資源の相互作用

第6章 幸福の経時的な持続可能性を測定する
 第1節 はじめに
 第2節 幸福の経時的な持続可能性:資本アプローチ
 第3節 経済資本と幸福
 第4節 自然資本と幸福
 第5節 人的資本と幸福
 第6節 社会関係資本と幸福
 第7節 資本ストック測定のための考察
 第8節 『幸福度白書』における幸福の持続可能性の測定
 第9節 統計上の今後の課題
 第10節 結び

 用語解説

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ