ホーム > イギリスを知るための65章【第2版】
イギリスを知るための65章【第2版】
本体2,000円+税
ISBN 9784750341033
判型・ページ数 4-6・360ページ
出版年月日 2014/11/25

イギリスを知るための65章【第2版】

伝統と最新トレンドが交差する国、イギリス。メディアでも多く取り上げられ、すっかりお馴染みの国であるものの、まだまだ知られざる魅力に満ちている。イギリス初心者はもちろん、イギリス好きの人もより奥深い世界を発見できる、イギリスガイドの決定版。


 まえがき


Ⅰ イギリス基礎事情

第1章 イギリスへの片想い――序に代えて
第2章 「イギリス」は「イングランド」か――国名の由来
第3章 英語が英語となるまで――国際語の来し方をひも解く
第4章 地方と階級の方言――ことばでわかる出身階級
第5章 王と議会――二院制を育んだ800年間の歴史
第6章 アングリカン・チャーチ――中道路線の国教会
第7章 イングランドのエンブレム――紋章からジョン・ブルまで
第8章 英国王室御用達――自動車から薬局まで


Ⅱ 旅して出逢うイギリス

第9章 メトロポリスはシティから――ロンドン(1)
第10章 近世と近未来のランドマーク――ロンドン(2)
第11章 王立公園――ロンドン(3)
第12章 アート・ギャラリーでひと休み――ロンドン(4)
第13章 イギリス交通事情――運河、鉄道、地下鉄、そしてバス・タクシー
第14章 ローマ帝国の名残り――イギリスにもある万里の長城
第15章 中世と宗教改革の名残り――大聖堂と廃墟
第16章 カントリーハウス――文化の殿堂と権力の館
第17章 イギリスの庭園――楽園か、罪の園か
第18章 ナショナル・トラスト――自然保護の先駆け
第19章 イギリスの植物――オークとバラから見えるもの
第20章 ロンドンの喧騒を離れて――イギリスの個性的な町(1)
第21章 作家たちの海辺――イギリスの個性的な町(2)
第22章 スコットランドを旅して――イギリスの個性的な町(3)


Ⅲ イギリスの暮らし

第23章 酒とビール――命の水か悲惨の水か
第24章 パブ――伝統の社交場
第25章 紅茶――最初のお茶は日本製か
第26章 イギリス料理――手をかけない美学か
第27章 ハーブ――修道士から民と女王へ
第28章 釣りと狩り――イギリスの娯楽(1)
第29章 犬と馬――イギリスの娯楽(2)
第30章 スポーツ――イギリスの娯楽(3)
第31章 生活を慈しむ――イギリス、アンティークの心(1)
第32章 私だけの逸品――イギリス、アンティークの心(2)
第33章 「古い家」の古い家具――オークとウォルナット


Ⅳ 人と社会、今むかし

第34章 今もむかしも人種のるつぼ――多民族国家イギリス
第35章 多様なイギリスの公教育――イギリスの教育(1)
第36章 エリートたちのパブリック・スクール――イギリスの教育(2)
第37章 スコットランドヤード――自警団から首都警察へ
第38章 盗んで殺して生き残れ――紳士の国の犯罪者たち(1)
第39章 はかなき英雄と極悪人――紳士の国の犯罪者たち(2)
第40章 イギリスの金融――スキャンダル今むかし
第41章 ブリティッシュ・モードの誕生――立身出世と紳士服
第42章 ブリティッシュ・モードの精錬――洒落男のテイスト闘争
第43章 ストリート・ファッション――アンチ・モードの魂
第44章 イギリスの結社――たとえば慈善と動物保護
第45章 帝国の旅――大航海からトマス・クックまで
第46章 辺境に向かう女たち(1)――ヴィクトリア時代のレディ・トラヴェラー
第47章 辺境に向かう女たち(2)――オリエントへの旅のパイオニア


Ⅴ 文学と美術

第48章 ジャーナリズムの勃興と周辺――政治パンフレットから随筆文学へ
第49章 『ロビンソン・クルーソー』と『ガリヴァー旅行記』――近代小説のはじまり
第50章 ユートピア文学とSF――フランケンシュタインの子どもたち
第51章 鳥で辿る――イギリスの詩(1)
第52章 時代の記憶と桂冠詩人――イギリスの詩(2)
第53章 動物とファンタジー――イギリスの児童文学(1)
第54章 時間旅行と幽霊――イギリスの児童文学(2)
第55章 イギリスの恐怖文学――百花繚乱の物語
第56章 テイト・ギャラリーの魅力(1)――物語画の「死」
第57章 テイト・ギャラリーの魅力(2)――物語画の芸術性
第58章 イギリスのジャポニズム――博覧会から唯美主義まで


Ⅵ イギリス小史

第59章 「ジェントルマン」の歴史――ジェントルマン像の変遷
第60章 フェミニズムのイギリス史(1)――女王の国の女性の地位
第61章 フェミニズムのイギリス史(2)――近代フェミニズムの黎明から参政権獲得まで
第62章 ロンドン演劇小史(1)――宗教劇から王政復古劇まで
第63章 ロンドン演劇小史(2)――『乞食オペラ』から「メロドラマ」まで
第64章 ケルトとカトリック――抵抗のアイルランド史
第65章 強国のはざまで――分裂のスコットランド史

同じジャンルの本

このページのトップへ