ホーム > 貧困研究 Vol.13
貧困研究 Vol.13
本体1,800円+税
ISBN 9784750340999
判型・ページ数 B5・116ページ
出版年月日 2014/11/20

貧困研究 Vol.13

日本における貧困研究の深化・発展、国内外の研究者の交流をはかり、貧困問題をさまざまな人々に伝えていく、日本初の貧困研究専門誌の第13号。第1特集は「貧困研究のフロンティア」、第2特集は「大都市の住まいの実態を調査する」。


巻頭のことば[布川日佐史]


特集1 貧困研究のフロンティア
 貧困線の設定と貧困の測定[浦川邦夫]
 日本の生活保障システムは逆機能している――税・社会保障制度の累進性に焦点を当てて[大沢真理]
 コミュニティ・エンパワメントとしての生活困窮者支援[宮﨑隆志]
 所得の世代間連鎖とその男女差――全国高齢者パネル調査(JAHEAD)子ども調査に基づく新たな証拠[山田篤裕・小林江里香・Jersey Liang]
 所得と消費から見た貧困の状況――貧困率と消費パターンの地域差に関する分析[渡辺久里子]


特集2 大都市の住まいの実態を調査する
 特集に寄せて[五石敬路]
 不安定な住まいに滞留する生活困窮者――狭小・窓無しシェアハウス調査からみえるもの[小田川華子]
 大阪における生活困窮/ホームレス状況の人々をめぐるハウジング調査の系譜とその展開[水内俊雄・白波瀬達也・キーナー ヨハネス・コルナトウスキ ヒェラルド]
 名古屋大都市圏の居住貧困[岡本祥浩]


書評論文
 大阪市政調査会編『自治体セーフティネット――地域と自治体ができること』[川本健太郎]
 久本貴志著『アメリカの就労支援と貧困』[小池隆生]


国内貧困研究情報
 注目すべき調査報告書
  社会福祉推進事業「ホームレス支援に関する調査・研究」[後藤広史]


貧困に関する政策および運動情報 2014年1月~2014年6月[山田壮志郎/五石敬路/小西祐馬/村上英吾/北川由紀彦]


 貧困研究会規約
 原稿募集及び投稿規定
 編集後記

このページのトップへ