ホーム > フランスの図書館上級司書
フランスの図書館上級司書
本体6,800円+税
ISBN 9784750340951
判型・ページ数 A5・388ページ
出版年月日 2014/10/26

フランスの図書館上級司書

選抜・養成における文化的再生産メカニズム

“上級司書”とは何か? 日本には存在しない図書館の管理運営・政策を担う専門家、文化大国フランスが歴史遺産を保存、未来へ継承する目的で創出する国家エリート。フランス独自の“上級司書”の選抜・養成の実態を、階層社会の構造とともに明らかにする。

 まえがき
 図表一覧
 略語一覧

第1章 序論
 第1節 研究背景
 第2節 研究目的
 第3節 研究方法
  3.1 上級司書養成の歴史・制度の検討
  3.2 上級司書に対する質問紙調査
  3.3 上級司書に対するインタビュー調査
 第4節 先行研究
  4.1 フランスの専門職養成に関する研究
  4.2 フランスの図書館や図書館員養成の歴史に関する研究
  4.3 フランスの図書館や図書館員の制度や現状に関する研究
  4.4 文化的再生産に関する研究
 第5節 用語の定義
  5.1 上級司書、司書、専門司書補
  5.2 専門職
  5.3 初期教育、継続教育
  5.4 エリート
  5.5 グランド・ゼコール
  5.6 文化的再生産
 第6節 フランスの図書館制度の概要
  6.1 図書館の種類と数
  6.2 公務員としての図書館員
  6.3 図書館員養成機関
  6.4 公務員の割合
 第7節 本書の構成

第2章 フランスの学術図書館の歴史と現状
 第1節 本章の目的
 第2節 国立図書館と指定市立図書館
  2.1 学術図書館の公開
  2.2 指定市立図書館の創設
  2.3 国立図書館
  2.4 国立図書館、ストラスブール大学図書館
 第3節 大学図書館
  3.1 大学図書館の起源
  3.2 大学の再建と大学図書館
  3.3 大学改革と大学図書館
  3.4 大学図書館の改革
 第4節 本章のまとめ

第3章 フランスの公共図書館の歴史と現状
 第1節 本章の目的
 第2節 公共図書館の後発性
  2.1 民衆図書館設立の動き
  2.2 米国の公共図書館思想の影響
  2.3 公読書への動き
 第3節 第二次世界大戦後の図書館行政
  3.1 国民教育省図書館・公読書局の創設
  3.2 貸出中央図書館の創設
 第4節 大衆化に伴う公共図書館の発展
  4.1 文化政策としての公共図書館
  4.2 近代的公共図書館モデルの提出
 第5節 地方への事務分散の動き
  5.1 図書館行政と地方分権化
  5.2 公共図書館の現状
 第6節 本章のまとめ

第4章 上級司書養成の変遷
 第1節 本章の目的
 第2節 第Ⅰ期:国立古文書学校の創設
 第3節 第Ⅱ期:国立高等図書館学校の創設
  3.1 パリ図書館学校
  3.2 資格の整備
  3.3 国立高等図書館学校の構想
 第4節 第Ⅲ期:国立図書館情報学高等学院の創設
 第5節 新しい上級司書養成の胎動
 第6節 本章のまとめ

第5章 国立図書館情報学高等学院における上級司書養成
 第1節 本章の目的
 第2節 採用
 第3節 養成
  3.1 カリキュラムの内容
  3.2 外部評価機関による評価
  3.3 卒業生による評価
 第4節 配置
  4.1 資格
  4.2 就職先
  4.3 処遇
  4.4 継続教育
 第5節 2011年度のカリキュラム
  5.1 初期教育の改革
  5.2 継続教育の改革
 第6節 国立図書館情報学高等学院における教育の課題
  6.1 図書館員養成の形態
  6.2 初期教育の課題:伝統重視とデジタル化の要請
  6.3 継続教育の課題:キャリア教育のデザイン
 第7節 本章のまとめ

第6章 上級司書のライフストーリー
 第1節 本章の目的
 第2節 ライフストーリーの研究方法
 第3節 上級司書の教育歴:フランスの教育システム
 第4節 上級司書のライフストーリー
  4.1 国立古文書学校卒業生
  4.2 国の上級司書
  4.3 地方の上級司書
  4.4 昇進対象者
 第5節 上級司書のキャリア
  5.1 上級司書のキャリア形成
  5.2 上級司書の属性
  5.3 上級司書のキャリアパス
  5.4 上級司書の職業意識
 第6節 本章のまとめ

第7章 結論-文化的再生産メカニズム-
 第1節 本章の目的
 第2節 研究の総括
  2.1 フランスの図書館と社会構造
  2.2 上級司書養成の歴史と現状
  2.3 文化的再生産の実態
 第3節 上級司書の選抜と社会的地位
  3.1 競争試験と閉鎖型任用制
  3.2 社会的地位の認証
 第4節 上級司書における文化的再生産
  4.1 文化的再生産の議論
  4.2 上級司書の文化的再生産の構造
  4.3 文化的再生産の帰結としての人材の特徴
 第5節 本書のまとめ
 第6節 今後の研究上の課題

 文献リスト

 付録1 国立図書館情報学高等学院設立の法的根拠(1992年1月9日の政令)
 付録2 仏和基本図書館用語対照表
 付録3 フランス図書館関連年表
 付録4 質問紙調査票
 付録5 質問紙・インタビュー回答集計表

 あとがき