ホーム > 格差拡大の真実
格差拡大の真実
本体7,200円+税
ISBN 9784750340852
判型・ページ数 A4変・464ページ
出版年月日 2014/10/20

格差拡大の真実

二極化の要因を解き明かす

最近の経済の停滞に至る30年の間に、かなりの数のOECD加盟国で賃金格差が広がるとともに、世帯所得の格差も拡大した。このような事態は経済成長と雇用の確保の両方が持続的であった時期にも起こっていた。この報告書では、このようなさまざまな格差の拡大の背後にある主要な要因を分析する。まず、経済のグローバル化、熟練労働が優位になる技術進歩、制度改革と規制改革などがどれだけ稼得所得の格差に影響を及ぼしたかという問題を分析する。さらに、家族形成と世帯構造の変化がどのように世帯の稼得所得や世帯全体の所得の格差を変化させることに影響を与えたかについて分析し、その証拠となる結果を示す。また、税制と社会保障の給付の仕組みが、世帯所得の再分配の仕方にどのような変化をもたらしたかについての分析を行う。これらの分析をもとに、この報告書では、格差の拡大に対処するために最も効果的なのはどのような政策なのか、また各国の予算の制約が厳しい中で、格差是正に関連する諸政策について、どのような組み合わせ方が可能なのかについて検討する。

 

【内容サンプル】 

刊行にあたって 【 PDF:1.7MB 】

概要 OECD加盟国における所得格差拡大の概観 【 PDF:2.6MB 】

第9章 高額所得者の傾向と租税政策 【 PDF:2.5MB 】

 

【関連書籍】

格差は拡大しているか

 

【関連Webサイト】

OECD教育局

OECD東京センター

 日本語版序文
 序文
 国名コード
 刊行にあたって


概要 OECD加盟国における所得格差拡大の概観
 第1節 大まかな傾向:ほとんどのOECD加盟国で格差が拡大している
 第2節 賃金や所得の格差を拡大させる要因は何か
 第3節 政策に示唆するもの
 付録A1 各種の格差指標による所得格差の動向

特集 新興経済国における格差
 第1節 はじめに
 第2節 新興経済国の格差の動向
 第3節 格差の背後にある経済的要因
 第4節 制度の仕組みが再分配を形成する
 第5節 条件の良い仕事をより多く創出しつつ、格差に対処するための政策課題
 付録0.A1 新興経済国の社会保護制度の主な特徴


第Ⅰ部 グローバル化、技術進歩、政策は賃金格差と所得格差にどのような影響を及ぼすのか

第1章 経済のグローバル化、労働市場の制度・政策、賃金格差の動向
 第1節 はじめに
 第2節 賃金格差の動向
 第3節 グローバル化:世界的な経済発展の最近の動向
 第4節 労働市場の制度・政策・規制の動向
 第5節 要約と結論

第2章 経済のグローバル化と制度・政策の変化の所得格差への影響
 第1節 はじめに
 第2節 経済のグローバル化、技術進歩、制度・政策の変化が賃金格差に及ぼす影響
 第3節 賃金格差のトップとボトムに対する効果:所得分布の両極に敏感な指標による分析
 第4節 要約と結論
 付録2.A1 情報源と変数
 付録2.A2 技能賃金格差の傾向と産業部門の影響

第3章 就業者と非就業者の格差
 第1節 はじめに
 第2節 生産年齢人口全体でみた所得格差
 第3節 グローバル化と政策・制度の変更と生産年齢人口全体でみた所得格差の変化との関係
 第4節 グローバル化、規制改革、賃金格差の変化:各要因の総合的な検証
 第5節 要約と結論
 付録3.A1 生産年齢人口全体でみた所得格差の分析に用いたデータ
 付録3.A2 追加の表と図


第Ⅱ部 労働所得の格差はどのように世帯可処分所得の格差を引き起こすのか

第4章 所得格差の要素:労働時間、自営業、非就業
 第1節 はじめに
 第2節 フルタイム労働者と労働者全体の所得格差の傾向
 第3節 所得源泉の構成変化とその所得格差に対する影響
 第4節 所得格差と失業
 第5節 要約と結論
 付録4.A1 追加の表
 付録4.A2 生産年齢人口全体の間の失業期間が所得格差に及ぼす効果についての考察

第5章 世帯の就業所得の格差の動向:家族構成の変化が果たす役割
 第1節 はじめに
 第2節 世帯の就業所得の格差の水準と動向
 第3節 世帯の就業所得の格差の変動要因:労働市場と人口学的要因
 第4節 世帯の就業所得の格差の変化を説明する
 第5節 要約と結論
 付録5.A1 追加の図と表

第6章 世帯就業所得の格差から世帯可処分所得の格差へ
 第1節 はじめに
 第2節 市場所得と可処分所得の格差の動向
 第3節 各種の所得が所得格差をどの程度説明するのか
 第4節 可処分所得の構成別にみた所得再分配への限界効果
 第5節 要約と結論
 付録6.A1 追加の表


第Ⅲ部 税と社会保障の役割はどのように変化したか

第7章 税と社会保障による所得再分配機能:過去20年間の変化
 第1節 はじめに
 第2節 所得再分配の変化の評価
 第3節 制度改革の役割
 第4節 要約と結論
 付録7.A1 追加の図と表

第8章 公共サービスが所得格差に及ぼす影響
 第1節 はじめに
 第2節 公共サービスの定義
 第3節 公共サービスが所得格差に及ぼす全体的な影響
 第4節 公共サービスの種類別にみた所得再分配効果
 第5節 公共サービスの所得再分配効果の時系列的な変化
 第6節 要約と結論
 付録8.A1 公共サービスが世帯所得に及ぼす影響:概念的、方法論的な問題
 付録8.A2 追加の表

第9章 高額所得者の傾向と租税政策
 第1節 はじめに
 第2節 高額所得者に関するデータ
 第3節 高額所得者の所得占有率の傾向
 第4節 高額所得者の傾向に関する説明
 第5節 租税政策にはどのような意味があるのだろうか
 第6節 要約と結論
 付録9.A1 確定申告の所得データの特徴と限界
 付録9.A2 追加の図


 訳者あとがき

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

このページのトップへ