ホーム > 貧困研究 Vol.12
貧困研究 Vol.12
本体1,800円+税
ISBN 9784750340524
判型・ページ数 B5・136ページ
出版年月日 2014/07/31

貧困研究 Vol.12

日本における貧困研究の深化・発展、国内外の研究者の交流をはかり、貧困問題を人々に伝えていく、日本初の貧困研究専門誌の第12号。生活保護制度見直し等の政策転換が進む中、今号の特集1は「貧困政策を検証する」、特集2は「家族・私的扶養・社会保障」。

巻頭のことば この息苦しさ――貧困と社会的偏見[松本伊智朗]

特別講演
 貧困研究――進歩・問題・政策[デビッド・ピアショ]

特集1 貧困政策を検証する――生活困窮者自立支援と子どもの貧困対策に焦点をあてて
 生活保護改革と生活困窮者自立支援法創設[布川日佐史]
 生活困窮者支援制度における「総合相談」の意義と展開――地域における新しい「支え合い」の創造に向けて[岩間伸之]
 子どもの貧困――奨学金問題の視点から[大内裕和]

特集2 家族・私的扶養・社会保障
 〈自活、家族扶養、社会的扶養〉をめぐる理解とその変遷――家族制度との関係で[蓑輪明子]
 扶養の権利義務の明確化と公的扶助制度との調整――ドイツ法の視点から[冷水登紀代]
 離別した父親の扶養義務の履行確保について――日本とアメリカの養育費政策[下夷美幸]
 生活保護における扶養調査の実際と課題[田川英信]

投稿論文
 京都市における緊急一時宿泊事業利用者の実態[加美嘉史]

投稿研究ノート
 生活保護受給者が利用する法定外施設の課題――届出/無届を規定する要因[後藤広史]

書評論文
 阿部彩著『子どもの貧困Ⅱ――解決策を考える』[大澤真平]

国内貧困研究情報
 貧困研究会第6回研究大会報告(2013年11月9日(土)~10日(日)於:日本福祉大学名古屋キャンパス)
 〈分科会〉
  「宿泊所をめぐる動向と課題」[村上英吾・松本一郎・後藤広史・山田壮志郎]
 〈自由論題〉
  高齢者における相対的剥奪の割合と諸特性――JAGESプロジェクト横断調査より[斉藤雅茂・近藤克則・近藤尚己・尾島俊之・鈴木佳代・阿部彩]
  フィラデルフィア市におけるマイクロクレジット機関のケーススタディ[佐藤順子]

 貧困に関する政策および運動情報 2013年7月~2013年12月[山田壮志郎/五石敬路/小西祐馬/村上英吾/北川由紀彦]


 貧困研究会規約
 原稿募集及び投稿規定
 編集後記

このページのトップへ