ホーム > 災害とレジリエンス
災害とレジリエンス
本体2,800円+税
ISBN 9784750340500
判型・ページ数 4-6・400ページ
出版年月日 2014/07/25

災害とレジリエンス

ニューオリンズの人々はハリケーン・カトリーナの衝撃をどう乗り越えたのか

私たちはこの土地を離れない! カトリーナ襲来によって廃墟と化した街。目の前の悲惨な状況、政府の大失態と高圧的な態度……。この街を愛するがゆえに、過酷な試練と闘い決して屈せず、コミュニティ再生に懸けた住民と地域リーダーたちの勇気と希望の物語。


 序文
 まえがき
 主な登場人物


第Ⅰ部 クレセント・シティとカトリーナ

 第一章  「故郷を思い出す場所」
 第二章  無防備な街
 第三章  「間借りした家のソファー」


第Ⅱ部 一年後

 第四章  「世界すべてが灰色」
 第五章  ビラージ・デ・レスト「地図にその名をまた刻む」
 第六章  ハリグローブ「地区を作り直す」
 第七章  レイクビュー「邪魔するな」
 第八章  ブロードムア「これはどこにでもある計画ではない」
 第九章  ロウワー・ナインス・ウォード「質問ばかりで、答えのない会合」
 第一〇章 各地区と市全域の都市計画「約束はもらえど、守られず」


第Ⅲ部 鳴り響く鐘の音

 第一一章 ブロードムア「日常生活を取り戻せ」
 第一二章 ビラージ・デ・レスト「皆、つながっている」
 第一三章 ハリグローブ「ゆっくり、けれど確実に」
 第一四章 レイクビュー「状況は大きく変わった」
 第一五章 ロウワー・ナインス・ウォード「家にいるのが一番」
 第一六章 栄誉


 エピローグ
 謝辞
 訳者あとがき
 タイムライン カトリーナ来襲とその後
 原註

同じジャンルの本

このページのトップへ