ホーム > 抱っこで育つ「三つ子の魂」
抱っこで育つ「三つ子の魂」
本体1,800円+税
ISBN 9784750340296
判型・ページ数 4-6・200ページ
出版年月日 2014/06/16

抱っこで育つ「三つ子の魂」

幸せな人生の始まりは、ほど良い育児から

幼いときに育まれた魂という心の基盤は、生涯にわたって影響を与え、その人の幸せを大きく左右する。それほど大切な「三つ子の魂」を親やまわりの人間はいかに見守り育てていけばいいのか。親子ともども幸せな人生を送るヒントを長年子どもの養育にかかわってきた著者が説く。

 はじめに

第1章 これで「三つ子の魂」が分かります
 1 三つ子は3歳ではありません
 2 これが科学の教える「三つ子の魂」です
 3 産まれる前から魂は育っています
 4 産まれた時から自立は始まります

第2章 だから抱っこは大切なんです
 5 赤ちゃんは「抱っこされては離されるサル」です
 6 おっぱいと抱っこ、そしてコミュニケーションは欠かせません
 7 抱く子は育つが、育つと抱かれなくなります
 8 抱かれた子どもが抱く親になるのです

第3章 夫婦の協力が魂を産み育てます
 9 父親が子育てする動物が人間なのです
 10 夫婦円満が子育ての基本です
 11 母性と父性を考え直しましょう
 12 良夫賢父が家庭を支えます

第4章 傷ついた魂を救うのは、やはり魂です
 13 苦しみ続けた有名人:まずはマイケル・ジャクソンから
 14 不幸な生い立ちの小説の主人公から人生を学びます
 15 かけがえのない人の支えが魂を救うのです
 16 あらためて「三つ子の魂百まで」を知るために

 おわりに

このページのトップへ