ホーム > 日韓でいっしょに読みたい韓国史
日韓でいっしょに読みたい韓国史
本体2,000円+税
ISBN 9784750339580
判型・ページ数 B5変・220ページ
出版年月日 2014/01/30

日韓でいっしょに読みたい韓国史

未来に開かれた共通の歴史認識に向けて

日本の学生や一般読者に向けて韓国人研究者によって書かれた韓国史の概説書。韓国の歴史と文化、韓国と日本の文化交流の2部構成で、豊富な図版とともに大まかな流れが把握できるように叙述されている。韓国人の歴史認識を理解するうえで好適な入門書。

 東アジア3国の時代変遷
 大極旗・無窮花・ハングル
 改訂版を出すにあたって
 初版の序文

 はじめの言葉
 韓国と韓国人
  東アジアで韓民族の歴史が展開される
  韓半島の自然、そして韓国人の歴史

第1部 韓国の歴史と文化

第1編 文明の発生と国家の登場
 1.琵琶形銅剣文化圏から古朝鮮が建国する
 2.古朝鮮の文化が発展する
 3.衛満朝鮮が中国勢力に倒される
 4.古朝鮮の遺民が東・南進しいくつかの国に分立する

第2編 いくつかの国から統一国家へ
 第1章 新羅・高句麗・百済・加耶
  1.いくつかの国が3国に統合される
  2.3国の社会と文化が発展する
  3.3国が互いに争いながら統一をめざす
  4.百済と高句麗の遺民が国家の復興をめざす
 第2章 統一新羅と渤海
  1.南北国時代が始まる
  2.南北国の社会と経済が発展する
  3.南北国の文化が発展する
  4.海外で活発に活動する
  5.新羅が後三国に分裂し渤海が滅亡する
  6.高麗が後三国を再統一して渤海遺民を受け入れる

第3編 統一国家の安定と文化の発展
 第1章 高麗の発展と繁栄
  1.いっそう強化された集権的官僚国家に成長する
  2.契丹を退け女真と争う
  3.門閥が貴族社会を築く
  4.国を挙げて八関会と燃灯会を催す
  5.高麗が世界に知られる
  6.武臣が政変をおこして実権を握る
  7.モンゴルの侵入に果敢に闘う
  8.40年間モンゴルと戦争をした末に元と講和する
  9.社会が動揺するなか新進士大夫が登場する
  10.貴族文化が栄えて仏教文化が花開く
  11.科学と技術が発達する
  12.侵入する倭寇を駆逐し武将勢力が成長する
 第2章 朝鮮の成立と発展
  1.儒教民本政治をめざす
  2.世宗大王がハングルをつくる
  3.朝鮮文化が大きく花開く
  4.儒教両班社会が成立する
  5.朝鮮性理学が発展する
  6.‘倭乱’と‘胡乱’の国難をのりこえる
  7.平和と信義を守り外交を展開する
  8.国家中興のために努力する
  9.郷村生活が変化して庶民文化が成長する
  10.実用的な学問がおこる
  11.国学の花が開く
  12.科学と技術を研究する
  13.西学を学び天主教会を建てる
  14.朝鮮社会が激変し農民が動揺する

第4編 欧米との出会いと近代社会
 第1章 近代化の試練と主権守護運動
  1.西洋勢力の侵入を防ぐ
  2.日本との葛藤のなかで政変がおこる
  3.西洋文物を受け入れて制度を改革する
  4.東学を広めて農民を救おうとする
  5.日清戦争に勝利した日本が内政に干渉する
  6.大韓帝国が樹立されて民衆運動がおこる
  7.日本が日露戦争をおこして統監統治を実施する
  8.国権回復のために抗日闘争を展開する
  9.近代文物を受け入れて社会生活が変わる
 第2章 日本の統治政策と国家独立のための抗争
  1.朝鮮総督が‘武断統治’を行う
  2.3・1運動がおこる
  3.‘文化政治’を標榜して韓国人を分裂させる
  4.韓半島を兵站基地にする
  5.皇国臣民を育成して戦争に動員する
  6.日本人が入ってきて韓国人は追い出される
  7.韓国の文化と精神を守ろう
  8.国の独立のために闘争する

第5編 南北分断と大韓民国の発展
 1.光復を迎えたが南北に分断される
 2.‘漢江の奇跡’を成しとげる
 3.民主主義が発展する
 4.家族の規模が小さくなり都市人口が増える
 5.文化的な力量が増大する
 6.南北韓が交流しながら葛藤する

第2部 韓国と日本の文化交流――文化交流の歴史を正しく理解しよう

第1章 原始時代、東北アジア大陸と日本列島の文化交流
 1.陸地と海洋を通じて文化交流が進展する
 2.先史文化が交流して稲作を伝える

第2章 3国から日本列島に向かった人々、そして文化
 1.3国が‘倭’と交流する
 2.日本列島に集団で移住する
 3.ヤマトが渡航移住民の文化を受け入れる
 4.学問と技術文化を伝える
 5.日本が遣隋使・遣唐使を派遣し、百済・高句麗の遺民を受け入れる

第3章 統一新羅と高麗による対日外交の閉塞と民間での文化交流
 1.統一新羅と日本が疎遠になるなか文化交流が展開する
 2.渤海と日本の交流が頻繁になる
 3.高麗と日本との疎遠な関係が続く
 4.倭寇をめぐって高麗と日本の対立が深まる

第4章 朝鮮から日本に向かう文化の流れ
 1.朝鮮文化が日本に流れる
 2.日本と朝鮮の貿易が活発に展開される
 3.日本の使臣が朝鮮の文物を求める
 4.戦争中でも文化は伝わる
 5.通信使が文化交流に貢献する
 6.通信使が途絶えて文化交流が少なくなる

第5章 日本の近代化と文化の流れの逆転
 1.近代の西洋文明が東洋に押しよせる
 2.韓国が近代文化を受け入れようと努力する
 3.日本文化が韓国に伝えられる
 4.韓国人と一緒に生きようとした日本人もいた

第6章 韓国と日本の新しい関係と文化交流
 1.日本に住んでいる韓国人
 2.国境を越えて文化が互いに影響を与える
 3.未来時代にふさわしい交流の姿勢

 おわりに

 図版目録
 用語解説
 索引
 翻訳者あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ