ホーム > 学校現場で役立つ「問題解決型ケース会議」活用ハンドブック
学校現場で役立つ「問題解決型ケース会議」活用ハンドブック
本体2,200円+税
ISBN 9784750339368
判型・ページ数 A5・212ページ
出版年月日 2013/12/15

学校現場で役立つ「問題解決型ケース会議」活用ハンドブック

チームで子どもの問題に取り組むために

子どもの個別ニーズに応える支援を行うためには、適切なアセスメントとともに学校内外の人たちと連携し、チームで取り組むことが必要である。本書は学校内で子どもの教育や支援に携わっている人向けに、ケース会議の効果的な活用方法を実践に即して解説する。

 はじめに

1章 問題解決型ケース会議への招待
 1節 問題解決型ケース会議 実施前アンケート
 2節 問題解決型ケース会議の基本

2章 問題解決型ケース会議におけるステップごとのポイント
 1節 準備
 2節 ステップ1 問題の明確化
 3節 ステップ2 本人の強みの確認
 4節 ステップ3 目標の設定
 5節 ステップ4 問題の背景要因の検討
 6節 ステップ5 支援方法のブレインストーミング
 7節 ステップ6 支援方法の評価と決定
 8節 ステップ7 支援計画の策定
 9節 会議終了時確認シートとまとめ票
 10節 ステップ8 支援の実施
 11節 ステップ9 モニタリングと評価
 【コラム】
  ○ケース会議導入の苦労と工夫
  ○ホワイトボードの活用と書き方のポイント
  ○強みを確認すると、会議の雰囲気が変わる
  ○本人と目標を確認することについて
  ○ファシリテーターの力量で、3つの約束事を厳守
  ○「IBA」のエッセンスを取り入れる!
  ○ファシリテーターは聞き上手、引き出し上手、まとめ上手がよい
  ○まとめ票の活用


3章 事例で考える問題解決型ケース会議
 はじめに
 1節 保護者が参加するケース会議
 2節 子ども本人が参加するケース会議
 3節 関係機関の職員が同席するケース会議
 4節 新任教員支援としてのケース会議
 5節 校内教員研修としてのケース会議
 まとめ


4章 問題解決型ケース会議導入から展開への経緯
 1節 オハイオ州でのスクールソーシャルワーク実習
 2節 東京学芸大学でのIBA研修
 3節 研修参加者の声
 4節 現場での活用

5章 問題解決型ケース会議の学術的解説
 1節 問題解決型ケース会議とResponse to Intervention(RtI)
 2節 IBAについて


資料
 資料1 3つの約束事
 資料2 9ステップのポイント
 資料3 考慮すべき背景要因の例
 資料4 アセスメントシート
 資料5 決定事項のまとめ票
 資料6 ふりかえりシート

 おわりに

このページのトップへ