ホーム > 中東経済ハブ盛衰史
中東経済ハブ盛衰史
本体4,200円+税
ISBN 9784750339276
判型・ページ数 4-6・328ページ
出版年月日 2013/11/30

中東経済ハブ盛衰史

19世紀のエジプトから現在のドバイ、トルコまで

中東・北アフリカ地域では19世紀以来、エジプトからレバノン、バーレーン、クウェート、そして現在のドバイ、トルコと地域における経済活動の中心=経済ハブが変遷してきた。本書では、その変遷を辿り、それぞれの成功と失敗の要因を比較・検討し、広域的な経済活動の中心となるための要素や政策を考察する。

 はじめに

エジプト――革命と国有化で失われた「投資上、事業上の最好適の地」
 (1)1800年代~1870年代――先行した国家近代化
 (2)1880年代~1950年代初頭――「中継地として極めて重要なる役割」
 (3)エジプト革命と経済ハブ機能の喪失

レバノン――内戦に沈んだ「中東のセンター」
 (1)19世紀からフランス統治期――経済ハブとしての基盤
 (2)1946年~1975年――繁栄の30年
 (3)1975年の破綻
 (4)内戦後の復興、そして「中東のセンター」再興の見通し

アデン――「中東のシンガポール」から「アラブ唯一の共産主義国家」へ
 (1)19世紀~20世紀前半――自由港としての発展
 (2)1950年代~1960年代――「中東のシンガポール」の繁栄
 (3)転機――英国統治の崩壊
 (4)1967年以降――政治的独立と経済的繁栄の終焉

バーレーン――「湾岸の真珠」を覆う宗派対立の影
 (1)ペルシャ湾――真珠と石油
 (2)英国保護領期――先行した石油開発とインフラストラクチャー整備
 (3)工業化――産油国のモデルとなったアルミニウム精錬とドライドック
 (4)中東の金融センター――オフショア・バンキングとイスラーム金融
 (5)影を落とす宗派間対立と政情不安

クウェート――「湾岸のフロント・ランナー」再生への模索
 (1)商業民族としての伝統
 (2)石油輸出と開発ブーム
 (3)1960年代――工業化の試み
 (4)1970年代~1980年代――石油一貫操業体制の確立と資産運用
 (5)「成功の復讐」と湾岸危機・戦争
 (6)「クウェート・ジレンマ」――民主主義と経済政策

ドバイ――その成功と課題
 (1)「海賊海岸」から「アラブ首長国連邦」へ
 (2)繁栄の礎――自由港の伝統
 (3)ラーシド首長在位前期――飛躍への基盤造り
 (4)ラーシド首長在位後期――発展サイクルの加速
 (5)「ワールド・セントラル」――ムハンマド首長と広域経済ハブへの成長
 (6)ドバイ・ショック
 (7)「アラブの春」とドバイ
 (8)ドバイ型発展モデルの伝播と限界

トルコ――再生した中東の大国
 (1)「国是」としての「世俗主義」
 (2)エルバカンと親イスラーム政党の台頭
 (3)「オザルの時代」
 (4)混迷の1990年代と福祉党の盛衰
 (5)公正発展党政権の成立と経済の再建
 (6)世俗主義勢力の後退とAKP長期安定政権の維持、そして経済ハブ化

 あとがき
 掲載写真出所
 主要参考文献・資料
 注釈

同じジャンルの本

このページのトップへ