ホーム > 討議
討議
本体1,000円+税
ISBN 9784750339160
判型・ページ数 A5・112ページ
出版年月日 2013/10/30

討議

非暴力社会へのプレリュード

底なしの衰退基調に東日本大震災が追い打ちをかけた日本で、非暴力的な社会変革は可能か。本書は「討議」というワンテーマを焦点に、討議の必要性、自由な場で討議を行うにはどうすればよいか、討議は何をもたらすか、といった点を、思想的に掘り下げていく。

 まえがき
 プロローグ

第1章 原発事故に直面して
 1 応答責任とは何か
 2 自分本位が惨事を招いたのか
 3 負担を引き受ける覚悟はあるのか
 4 異を唱える気概はあるのか

第2章 自由な討議とは何か
 1 システムに覆われた世界
 2 官僚制による無人支配
 3 討議の場としての公共空間
 4 自由な行為主体として
 5 アイデンティティを解き放つ

第3章 討議は何をもたらすのか
 1 何を討議するのか
 2 誰と討議するのか
 3 何のために討議するのか
 4 どこまで討議するのか
 5 雄弁でなければならないのか

第4章 労働者として討議ができるのか
 1 労働力を売り渡して
 2 自己責任を押しつけられて
 3 コーポラティズムの狭間で
 4 フォーディズムの円環のなかで
 5 精神を蝕まれようとも
 6 死守するのか突き抜けるのか

第5章 討議は暴力を乗り越えられるのか
 1 受動的市民に陥ることなく
 2 新たな組織活動の息吹
 3 システムに抗して
 4 抗議運動を超えて
 5 貴族主義に抗して
 6 暴力に抗して
 7 信頼と不信の過剰のなかで
 8 友愛をはぐくみながら

 エピローグ
 あとがき
 参考文献

同じジャンルの本

このページのトップへ