ホーム > レイシズムと外国人嫌悪
レイシズムと外国人嫌悪
本体2,800円+税
ISBN 9784750339153
判型・ページ数 A5・232ページ
出版年月日 2013/10/15

レイシズムと外国人嫌悪

インターネットの普及、経済の低迷などを背景に、日本でもアジアに対する極端な民族差別発言が公然と語られ、叫ばれるようになった。ナチスの台頭、ヨーロッパの反ユダヤ主義などの分析と比較のなかからレイシズム、ゼノフォビアに対する原理的批判の試み。

 「移民・ディアスポラ研究」3の刊行にあたって(駒井洋)
 序章 レイシズムと外国人嫌悪(小林真生)


Ⅰ レイシズムとしてのネット右翼

特別企画 ネット右翼と反日暴動、その底流にあるもの(安田浩一×莫邦富)
第1章 日本におけるヘイトスピーチ拡大の源流とコリアノフォビア(岡本雅享)
第2章 右派のイデオロギーにおけるネット右翼の位置づけ――道徳概念システム論による分析の試み(能川元一)
第3章 中国「方正日本人公墓」にみる対日意識の形成と表出(南誠)
第4章 近代日本の人種差別と植民地政策(佐々木てる)
第5章 ナチスによるユダヤ人迫害から得られる教訓(駒井洋)


Ⅱ ヨーロッパにおけるイスラモフォビア

第6章 ドイツの排外主義――「右翼のノーマル化」のなかで(佐藤成基)
第7章 「人権の国」で許容されるレイシズムとは何か?――フランスにおける極右、反移民政策、イスラモフォビア(森千香子)
第8章 英国における人種主義とイスラモフォビア(樽本英樹)


Ⅲ 日本人の排外意識と外国人管理の強化

第9章 在日ブラジル人の「社会問題」化と排外意識(濱田国佑)
第10章 日本型雇用と「職の競合」をめぐる排外感情――「外国人労働者に関する意識調査アンケート」を素材として(永田大輔)
第11章 新たな在留管理制度に内在する構造的暴力――日本社会に蔓延する無自覚な外国人差別(鈴木江理子)


 書評(駒井洋)
  小林真生著『日本の地域社会における対外国人意識――北海道稚内市と富山県旧新湊市を事例として』
  佐々木てる著『日本の国籍制度とコリア系日本人』

 編者後記(小林真生)

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ