ホーム > 発達障害白書 2014年版(CD-ROM付き)
発達障害白書 2014年版(CD-ROM付き)
本体3,000円+税
ISBN 9784750338835
判型・ページ数 B5・218ページ
出版年月日 2013/09/01

発達障害白書 2014年版(CD-ROM付き)

第1部・特集は1「障害者総合支援法への移行と課題」、2「分野で違う「発達障害」への理解と対応」。第2部では、知的障害を中心とする発達障害分野の教育・家族支援・福祉・労働・国際動向などに関する2012年のトピックについて論述する。

 まえがき
 『発達障害白書2014年版』における「発達障害」の表記と定義の統一について


第1部 特集

 1 障害者総合支援法への移行と課題
  Ⅰ 障害者総合支援法への移行経過と新法のめざすもの
  Ⅱ 新法移行における知的障害への展望と課題
  Ⅲ 何が変わり、何が変わらなかったのか
  Ⅳ 福祉の現場からの障害者総合支援法への要望

 2 分野で違う「発達障害」への理解と対応
  Ⅰ DSM-5と主要な改訂項目――改訂の目的と経緯
  Ⅱ 医療の場における「発達障害」
  Ⅲ 教育の場における「発達障害」
  Ⅳ 労働の場における「発達障害」


第2部 各分野における2012年度の動向

第1章 障害概念
 Ⅰ 激震が走る発達障害分野
 Ⅱ 診断名の改訂と増加への懸念
 Ⅲ 増加しつづける発達障害のある児童生徒
 Ⅳ 発達障害の増加とその背景
 Ⅴ 発達障害と反社会的行動――青少年を中心に
 ■時の話題■
  発達障害への薬物治療と懸念
  新型出生前診断をめぐる動きと諸問題

第2章 医療
 Ⅰ DSM-5訳語案「神経発達症」とその影響
 Ⅱ 自閉症治療薬の現状と課題
 Ⅲ 成人のADHD治療薬としてストラテラが認可
 Ⅳ 自閉症の脳科学研究――高機能自閉症の成人におけるミクログリア活性化
 Ⅴ てんかん診療ネットワーク
 ■時の話題■
  児童青年精神医学会認定医の現況
  ラパマイシンの自閉症治療薬としての可能性
  新規抗てんかん薬の小児適応の早期承認への要望書
  児童・青年期における向精神薬の併用に関する注意喚起

第3章 幼児期/家族支援
 Ⅰ 子どもたちを取り囲む多様な世界
 Ⅱ 児童発達支援センターの現状と課題
 Ⅲ 発達障害のある子へのファミリーサポート事業
 Ⅳ 原発事故から2年、福島での子育て状況
 Ⅴ 地域活動を形づくる児童デイケア――東京都立王子第二特別支援学校放課後子供教室
 ■時の話題■
  大阪維新の会「家庭教育条例(案)」への対応
  通級児童と親の会活動

第4章 教育:特別支援学校の教育
 Ⅰ 多様な教育的ニーズに応えるための特別支援学校の機能と役割
 Ⅱ 共生社会の実現につながる支援籍制度の現状と課題
 Ⅲ 福祉と教育の連携通知と特別支援学校の実践
 Ⅳ 障害者虐待防止法の施行と特別支援教育の責務
 Ⅴ 高等部における教育課程の類型化
 Ⅵ 特別支援学校(知的障害)の在籍者増加の現状
 Ⅶ 高等部での軽度知的障害のある生徒への支援
 Ⅷ 特別支援学校におけるキャリア教育の推進状況
 ■時の話題■
  全国特別支援学校長会ビジョンの制定――「共生社会の礎を築く」
  特別支援学校での自転車運転免許検定
  特別支援学校の防災対策の現状
  全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会防災部会

第5章 教育:小・中学校等での特別支援教育
 Ⅰ 特別ニーズを満たす教育インクルージョンへの動き
 Ⅱ 通常学級での「発達障害」調査結果
 Ⅲ 地域での特別支援教育の進展――特特委員会の報告・スクールクラスター制等を念頭に
 Ⅳ 高校における障害のある生徒への教育的支援
 Ⅴ インクルーシブな学校での教育課程上の課題
 ■時の話題■
  アスペルガー症候群の受験生、PC使用で大学合格
  福島の障害のある児童生徒への支援

第6章 日中活動
 Ⅰ 障害者総合支援法における日中活動の方向性
 Ⅱ 生活介護事業の支援実践と課題
 Ⅲ 重症心身障害児の日中ケアの重要性――その実践と課題
 Ⅳ 企業の中でともに働く
 Ⅴ 保育所等訪問支援の重要性と実践・課題
 ■時の話題■
  難病の人も、困っている。
  女性視点の障害者向けフリーペーパー発刊
  JR駅構内で初、障害者支援事業所が飲食店を展開

第7章 住まい
 Ⅰ 「住まい」をめぐる施策は何をめざすのか
 Ⅱ 日本建築行政会議の見解とグループホーム設置の混乱
 Ⅲ 「住宅の確保」に関する障害者政策委員会の議論
 Ⅳ 強度行動障害のある人の住まいを考える
 Ⅴ 制度改正とグループホームでの支援内容調査から
 Ⅵ 地域主権とグループホーム
 ■時の話題■
  グループホームの閉鎖から再建へ、鳥取県の取り組み
  介護職に医療行為を解禁、現場では
  市民後見人養成の課題

第8章 地域生活支援
 Ⅰ 障害者総合支援法における地域生活支援の方向性
 Ⅱ 「障害程度区分」から「障害支援区分」へ――見直し議論の概要と方向性
 Ⅲ 「安心コールセンター」の重要性と実践・課題
 Ⅳ 重度訪問介護の対象拡大に向けた実践と課題
 Ⅴ いわゆる「孤立死」の状況と求められる取り組み
 ■時の話題■
  重い障害のある人たちの所得状況――きょうされん「障害のある人の地域生活実態調査」より
  高機能自閉症スペクトラム障害児の放課後活動
  発達障害当事者の自助グループ

第9章 職業
 Ⅰ 障害者就労支援策の行方を探る
 Ⅱ 障害者就労に関する3研究会と改正障害者雇用促進法の概要
 Ⅲ 障害者雇用における発達障害者の動向
 Ⅳ 累犯障害者の就労支援の実際と課題
 Ⅴ 障害者優先調達推進法の公布と課題
 ■時の話題■
  障害者法定雇用率の状況、改定と課題
  多様な就労形態とソーシャルファーム

第10章 権利擁護/本人活動
 Ⅰ 障害者差別解消法の動向
 Ⅱ 被疑者取り調べの録音・録画等の現状
 Ⅲ 成年後見の選挙権剥奪と回復の軌跡
 Ⅳ 障害者虐待防止法の施行
 ■時の話題■
  病気のある人による自動車運転に係る法の見直し
  着床前の全染色体診断実施の波紋
  大阪アスペルガー判決

第11章 文化・社会活動
 Ⅰ アール・ブリュットネットワーク発足
 Ⅱ バリアフリー映画の可能性
 ■時の話題■
  Get in touch 社団法人化
  高知「藁工ミュージアム」の取り組み

第12章 国際動向
 Ⅰ 国際動向を概観する
 Ⅱ 国連ESCAP第2次アジア・太平洋障害者の十年の成果と新十年
 Ⅲ 「ユニクロ」マレーシア店での障害者雇用の取り組み
 Ⅳ JICA研修員受入事業「地域活動における知的障害者支援」
 ■時の話題■
  IASSID第14回世界大会開催
  田中康大選手、歴史的な金メダル獲得
  2012年ユニセフ・アフリカ子どもの日のテーマ――障害児の権利:保護、尊重、成長促進と実現の義務
  国連障害者の権利条約の動向


第3部 資料
 1 年表
 2 統計
 3 日本発達障害連盟と構成団体名簿


 あとがき
 執筆者一覧

同じジャンルの本

このページのトップへ