ホーム > ドミニカ共和国を知るための60章
ドミニカ共和国を知るための60章
本体2,000円+税
ISBN 9784750338613
判型・ページ数 4-6・308ページ
出版年月日 2013/07/31

ドミニカ共和国を知るための60章

多くの野球選手が来日していることで知られるドミニカ共和国。カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島をハイチと二分し、その東側を占める。歴史、政治・経済、文化、人々の日常生活、そして浅からぬ日本との関係など、知られざる国の姿をさまざまな角度から紹介。

 まえがき


Ⅰ カリブ海世界とコロンブスの島

第1章 カリブ海世界とイスパニョーラ島――ヨーロッパが創った非ヨーロッパ世界
第2章 多様な地形と風土と文化――カリブ随一の多様性を誇る自然と融合を見せる文化
第3章 自然の恵みと脅威の中で育んできた島国の姿――豊かな自然資源とハリケーン銀座のはざまで
第4章 人びとの暮らしと生活のリズム――融合するDNAが生みだすドミニカ人のリズム
第5章 イスパニョーラ島の近代史――砂糖と奴隷がつくった島国の歴史
第6章 数字で見る現代ドミニカ共和国の姿――21世紀の若い開発中位国
 【コラム1】最初の植民地プエルト・イサベラ


Ⅱ ドミニカ共和国が創られた歴史

第7章 コロンブスとイスパニョーラ島――世界の拡大
第8章 イスパニョーラ島の開発――幻滅と新大陸の基地化
第9章 海賊やハイチとの戦いの中で――スペインとの別離
第10章 独立からアメリカ合衆国の裏庭へ――棍棒外交と善隣外交のはざまで
第11章 トルヒージョによる専制政治――統一と進歩の英雄か、冷血な独裁者か
第12章 ドミニカ共和国危機と米国の軍事介入――世界と地域の冷戦
 【コラム2】コロンブスの遺骨


Ⅲ 現代ドミニカ共和国の政治経済

第13章 開発独裁と環境保護――ドミニカ経済発展の基盤をつくったバラゲール
第14章 左派政権の時代――民主化の進展と経済危機
第15章 カリブのシンガポールを目指せ――フェルナンデス政権12年の光と影
第16章 国家開発戦略2010‐30年法――長期的な国家開発のためのビジョン
第17章 経済成長と貧富の格差――人口の過半数を占める貧困層の実態
第18章 2012年の大統領選挙――メディーナ政権の社会・経済問題解決に向けた挑戦
 【コラム3】ラム酒


Ⅳ カリブの小国からグローバル化する世界へ

第19章 ドミニカ人のディアスポラ――出稼ぎ移民とアメリカ市民としての生き方
第20章 ニューヨーク市のワシントンハイツ地区――全米最大のドミニカ系コミュニティ
第21章 フェルナンデス政権の全方位外交――地域のキープレーヤーを目指して
第22章 決済システムの改革――ドミニカ共和国中央銀行の取り組み
第23章 カリブ・中米地域統合への模索――中米に歩みよるドミニカ共和国
第24章 ポスト・パナマックス時代への対応――大量輸送時代の到来と海洋国家の将来
 【コラム4】ジュノ・ディアス――アメリカで活躍するミリオンセラー作家


Ⅴ 産業・企業・金融・流通

第25章 ドミニカ共和国の貿易事情――CAFTA-DRの締結とその後の推移
第26章 ドミニカ共和国を支配する財閥――国家を動かす企業群
第27章 フリーゾーン産業の興隆――1990年新法制定以降に発展した繊維産業
第28章 ドミニカ共和国に投資する外国企業――外資が支えるドミニカの産業
第29章 ドミニカ共和国の小売業――独立小売業者と近代的大型店の併存
第30章 郷里送金と送金ビジネス――母国への送金は国の発展を助けるか
 【コラム5】メセナ――ドミニカ式文化・慈善事業


Ⅵ 現代ドミニカ社会の光と影

第31章 格差社会の中の庶民――地方都市の生活環境と庶民の暮らし
第32章 高等教育――専門教育と頭脳流出の実態
第33章 マチスモ社会の変容――ドミニカ人女性の社会進出
第34章 貧困と社会的成功――アメリカのプロ野球界で活躍するドミニカ選手たち
第35章 ハイチ人との共存――島を分かつハイチ共和国との関係
第36章 麻薬犯罪と資金洗浄――地理的条件が招いた社会問題
 【コラム6】広島東洋カープ・アカデミー訪問記


Ⅶ 21世紀の新しい経済と社会の構築にむけて

第37章 サトウキビ単一生産から多角的熱帯農業へ――水田稲作と胡椒栽培
第38章 電力問題とエネルギー政策の転換――持続可能な電力供給を目指して
第39章 フェアトレードとバナナ産業――新市場開拓に向けた取り組み
第40章 新たな観光産業の模索――エコツアーとマナティ・サンクチュアリー
第41章 21世紀の環境政策――植林計画と再生可能エネルギーの利用そしてCO2排出権の取引
第42章 カリブ海の隠れた資源大国――鉱業開発と石油・天然ガス生産の可能性
 【コラム7 】サントドミンゴ首都地下鉄――新2号線に試乗する


Ⅷ 混血文化のダイナミズム

第43章 ドミニカ文化のクレオール性――異種混淆のダイナミズム
第44章 アフロドミニカ文化の自認――在外ドミニカ系とのつながり
第45章 メレンゲ ――国民文化に仕立てられた音楽・ダンス
第46章 踊る人びと――ダンスでつながる人と社会
第47章 カリブの色彩と絵画――南国の自然と共に形成されたアイデンティティ
第48章 人びとと食事――熱帯を楽しむ
 【コラム8】モフォンゴとサンコーチョ


Ⅸ 消された先住民

第49章 イスパニョーラ島の先住民――タイノ族はどこからきたのか
第50章 スペインによる征服と先住民の運命――スペイン暗黒伝説
第51章 ドミニカ共和国に先住民はいないのか――「先住民絶滅説」の再考
第52章 エンリキージョ――最後まで抵抗を続けた先住民の英雄
第53章 タイノ族の復活――インターネットを駆使した「絶滅した先住民」の復権運動
第54章 ドミニカ共和国のナショナリズムと先住民――ハイチと米国のはざまで
 【コラム9】ドミニカ人類博物館――「人」をテーマに国を知る


Ⅹ 遠くて近い日本とドミニカ共和国の関係

第55章 日本とドミニカ共和国――遠くて近い親密な関係
第56章 日本人の「ドミニカ移住」――その経緯と結果
第57章 ドミニカ移民訴訟事件――戦後移住政策で問われた国の責任
第58章 日本のODA政策とドミニカ共和国――日本と世界を結ぶ友好の絆
第59章 顔の見えるODA政策――プロジェクトを支援する日本人プロ集団の活動
第60章 新しい支援政策の現場を見る――地方自治体の計画策定能力強化プロジェクト
 【コラム10】ドミニカ共和国の中の日本の風景

 参考文献
 執筆者一覧

同じジャンルの本

このページのトップへ