ホーム > 日本経済の潜在成長力と「東アジア経済圏」の形成
日本経済の潜在成長力と「東アジア経済圏」の形成
本体2,300円+税
ISBN 9784750338620
判型・ページ数 4-6・184ページ
出版年月日 2013/07/25

日本経済の潜在成長力と「東アジア経済圏」の形成

「アジア版ニューディール」に向けて

第2次安部政権の「円安」誘導政策は日本に何をもたらすのか。小手先の誘導政策で一時的につくられた「バブル」現象は、日本経済をどん底に突き落とす危険を抱えている。むしろアジア各国の成長エンジンをまとめることが日本が果たすべきの役割ではないのか。

序にかえて――「成長戦略」とは何か
 1.争点は何か――四つの論争
 2.論点整理を巡って
 3.「成長戦略」とは何か

第一部 いま何故「アジア版ニューディール」なのか

Ⅰ 「潜在成長力」論の戦略性
 1.需要不足問題
 2.潜在成長力問題
 3.成長力引き上げの可能性
  (1)内需関連分野
  (2)環境・新エネルギー分野
  (3)潜在成長力と需給ギャップ

Ⅱ ASEANの台頭と日本
 1.地方経済圏の融合とASEAN
 2.「地域FTA/EPA」構想――地域活性化戦略としてのFTA/EPA
  (1)アジアにおけるFTA/EPA
  (2)「地方経済圏」とFTA/EPAのオーバーラップ
 3.ASEANと日本経済
  (1)産業・地域再編成問題の行方――“空洞化”と“サプライチェーン”の相克
  (2)高機能部材部門における日本企業の競争力

Ⅲ 中国の経済成長と日本
 1.中国の潜在成長力
  (1)岐路を迎えた経済成長
  (2)潜在成長力
  (3)地域開発と経済成長
 2 中国における「ボーダレス成長」の課題
  (1)対東南アジア諸国物流ネットワーク
  (2)対北東アジア諸国物流ネットワーク

第二部 ASEAN・中国の経済発展と日本経済――アジア版ニューディールの課題

Ⅰ アジア版ニューディールの意義と課題

Ⅱ アジア版ニューディールに向けての日本の役割
 1.「高機能部材ネットワーク」の形成と発展
  (1)「高機能部材」の定義
  (2)「新産業発展戦略」の一環としての「高機能部材」
  (3)東アジアにおける「高機能部材」ネットワークの発展と課題
 2.「双方向型サプライチェーンネットワーク」の導入
  (1)中小企業とグローバル市場
  (2)「高機能性」とサプライチェーンの融合
  (3)新経営システム支援体制――「プラットホーム・イノベーション」の重要性
 3.「中越ZEV構想」とスマート・グリッド
  (1)“マスキー法”の再登場?
  (2)「中越ZEV構想」とスマート・コミュニティー論
 4.シームレス・ネットワーキングへのアプローチ


第三部 補論

 Ⅰ 「東アジア経済圏」を巡る論点整理

 Ⅱ 「空洞化」問題と「サプライチェーン」の相克

 Ⅲ 「ソフト・パス」と「ソフト・パワー」


 参考資料
 統計

同じジャンルの本

このページのトップへ