ホーム > 新訳 茶の本
立ち読み
立ち読み
本体1,500円+税
ISBN 9784750338309
判型・ページ数 4-6・236ページ
出版年月日 2013/05/30

新訳 茶の本

岡倉の「繊細の精神」がとらえた東アジアの芸術精神がいまよみがえる。今日なお広く流布している「大アジア主義者・天心」のイメージを一新、生身の「岡倉覺三」像を提唱する訳者による解説のほか、初版原文を併せて収録。語注をほどこした。『茶の本』新訳決定版。

茶の本
 Ⅰ 人間主義茶(ヒューマニティ)の一碗
 Ⅱ 茶の流派
 Ⅲ 道教と禅
 Ⅳ 茶室
 Ⅴ 芸術鑑賞
 Ⅵ 花
 Ⅶ 茶人たち

解説
 一 「岡倉天心」と「岡倉覺三」
 二 「天心」神話の歴史
 三 戦後も生きつづける「天心」神話
 四 「天心神話」と『茶の本』
 五 『茶の本』という本
 六 『茶の本』のメッセージと文体
 七 『茶の本』の構成

THE BOOK OF TEA

同じジャンルの本

このページのトップへ