ホーム > 東日本大震災を分析する2
東日本大震災を分析する2
本体3,800円+税
ISBN 9784750338248
判型・ページ数 A5・264ページ
出版年月日 2013/06/12

東日本大震災を分析する2

震災と人間・まち・記録

東北大学を中心とする研究者による東日本大震災の調査報告書。第2巻では災害時の医療現場の対応と被災者のこころと健康支援、甚大な被害を受けた沿岸部の津波対策と復興のまちづくりの取り組み、震災の歴史資料保存と東日本大震災の記録、体験の継承など。

 刊行の辞(平川新・今村文彦)


第1部 ひと・命・心

第1章 広域大規模災害から人々のいのちと健康をまもるために――保健医療分野災害対応計画の課題(上原鳴夫)
第2章 災害保健医療支援室による被災地支援(佐藤健・上原鳴夫)
第3章 3.11から学んだ医療現場の脆弱性と想定外対応能力(清元秀泰、阿部倫明)
第4章 大震災時の産婦人科医療(伊藤潔・菅原準一)
第5章 被災者のマナー――体験から立ち上がった課題(阿部恒之・ジュタ‐チップ=ウィワッタナーパンツウォン・本多明生)
第6章 災害時の精神医療と精神保健(富田博秋・根本晴美)


第2部 防災と復興のまちづくり

第1章 復興まちづくりのあり方(平野勝也・姥浦道生)
第2章 建築家によるネットワーク型まちづくり支援の可能性――アーキエイドの実践から(本江正茂)
第3章 津波に強いまちづくりへの取り組み――石巻市中心市街地(平野勝也・今井健太郎)
第4章 復興まちづくりにおける津波数値シミュレーションの活用――仙台市沿岸部(越村俊一・郷右近英臣・林里美)
第5章 大震災後の沿岸部でのリスク認識と対応についての調査(古関良行・佐藤翔輔・今村文彦)
第6章 せんだいスクール・オブ・デザインによる連続ワークショップ「復興へのリデザイン」(本江正茂)
第7章 我が国災害対策法制の問題点と課題(災害応急対策)(島田明夫)


第3部 震災の歴史と記録

第1章 仙台平野に残されていた弥生時代の津波堆積物(松本秀明・熊谷真樹・吉田真幸)
第2章 貞観津波と東日本大震災の津波(菅原大助・今村文彦・松本秀明・後藤和久・箕浦幸治)
第3章 慶長奥州地震津波について――400年前の大震災の実相(蝦名裕一)
第4章 東日本大震災での歴史資料レスキュー――宮城県・岩手県での活動と所蔵者・地域(佐藤大介)
第5章 被災した古文書の復旧と市民ボランティア(天野真志)
第6章 東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト(柴山明寛・佐藤翔輔・今村文彦)
第7章 ウェブニュースから東日本大震災を分析する(佐藤翔輔・今村文彦・林春男)

終章 今後の防災・減災社会に向けて(今村文彦)

 索引