ホーム > 移民政策研究 第5号
移民政策研究 第5号
本体2,800円+税
ISBN 9784750338156
判型・ページ数 B5・200ページ
出版年月日 2013/05/10

移民政策研究 第5号

少子高齢化の中で移民による労働力、社会的活力の増加・向上が求められるにもかかわらず、政策的・社会的取り組みは不十分といえる。移民問題に関する政策、社会的認知を考えるための研究・提言に取り組む研究誌。特集は「『在留カード』導入と無国籍問題を考える」。

特集:「在留カード」導入と無国籍問題を考える

 日本における無国籍者の類型(陳天璽:早稲田大学准教授)
 国籍・無国籍認定の現状と課題――改正入管法を踏まえて(小田川綾音:弁護士)
 無国籍条約加入の意義と日本の課題(付月:筑波大学研究員)


依頼論文

 国際労働力移動をめぐるガバナンスの一考察――インド・ケララ州の事例を通して(明石純一:筑波大学准教授)


投稿論文

 韓国の多文化政策と在韓華僑――仁川チャイナタウン構想を事例に(川本綾:大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員)
 重国籍と新しいアイデンティティ像――韓国養子たちによる「重国籍」取得にむけた動きから(芝真里:名古屋大学大学院博士後期課程)
 オランダにおける1980年代以降の移民政策とトルコ系・クルド系住民の活動――「柱状社会の枠組」への対応に注目して(寺本めぐ美:津田塾大学大学院後期博士課程)
 国際結婚家庭の教育に関する現状と課題――結婚移住女性に焦点をあてて(敷田佳子:大阪大学大学院博士後期課程)


報告

 入管法改定と今後の自治体の多文化・多民族共生政策の課題――権利保障としての自治体政策の確立を(山田貴夫:フェリス女学院大学非常勤講師)
 日本は多文化共生社会を実現できるのか――『「移民列島」ニッポン』を取材して(藤巻秀樹:日本経済新聞)


特別寄稿論文

 Migration Trends in the Contemporary World――An Overview(William Barriga:IOM Tokyo)


書評

 福田友子著『トランスナショナルなパキスタン人移民の社会的世界――移住労働者から移民企業家へ』(福永由佳)
 シバ・マリヤム・ジョージ著/伊藤るり監訳『女が先に移り住むとき――在米インド人看護師のトランスナショナルな生活世界』(工藤正子)
 小林真生著『日本の地域社会における対外国人意識』(小内透)
 ロビン・コーエン著/駒井洋訳『新版グローバル・ディアスポラ』(関根政美)
 安田浩一著『ネットと愛国――在特会の「闇」を追いかけて』(森千香子)


文献紹介

学会報告
 2011年度春季大会
 2012年度年次大会
 2012年度冬季大会


 『移民政策研究』編集規定
 『移民政策研究』執筆要項
 和文論文投稿規定
 投稿論文査読規定
 英文論文投稿規定

このページのトップへ