ホーム > 言葉のなかの日韓関係
言葉のなかの日韓関係
本体2,200円+税
ISBN 9784750338057
判型・ページ数 4-6・208ページ
出版年月日 2013/04/01

言葉のなかの日韓関係

教育・翻訳通訳・生活

韓国ドラマやKポップが流行するなかで、韓国語学習者が急増している。語順や単語など多くの共通項をもちつつも、大きくことなる言語世界を内包する日本語と韓国語。2つの言葉、文化、人をどのようにつなげていくのか。言葉の交流は日韓に何をもたらすのか。

 出版にあたって(徐勝)

序論 あわいとしての朝鮮語(小倉紀蔵)
 1.叫びと亀裂
 2.尹東柱という問い
 3.「正答」から「あわい」へ
 4.詩人であること
 5.本書について


Ⅰ 日本の韓国語教育

第1章 日本の大学における韓国語教育-現況と課題-(金慶珠)
 1.はじめに
 2.韓国語教育の現状
 3.日本の大学における非英語教育の現状と課題
 4.学習者ニーズの現状と課題
 5.おわりに
  ◎別添資料「韓国語学習者に対する動機調査」

第2章 在日朝鮮人の朝鮮語教育、その実態と意味-朝鮮学校の言語実践を中心に-(宋基燦)
 1.はじめに
 2.在日朝鮮人の言語生活
 3.在日朝鮮人の朝鮮語使用実態
 4.在日朝鮮語
 5.朝鮮語と抵抗
 6.結論――2つの言語を横断する主体の自由

第3章 日本の朝鮮語教育20年(金裕鴻)
 1.はじめに
 2.韓国語は特殊語?!
 3.“감사합니다”のどこが「あ」の字?
 4.『差別』という朝鮮語
 5.「사랑해요・サランヘヨ」
 6.最後に


Ⅱ 韓国語翻訳・通訳の世界

第4章 会議・放送通訳の概況と展望-日本社会の韓国語認知過程と日韓の言語的特徴-(矢野百合子)
 1.特殊言語から一般言語へ
 2.放送通訳の特殊性
 3.通訳作業の中で感じる言語上の相違と問題点
 4.終わりに

第5章 日本と韓国における司法通訳の概況と展望(金静愛)
 1.はじめに
 2.日本における司法通訳の現状
 3.韓国における司法通訳
 4.日韓における司法通訳の課題
 5.おわりに
  ◎付録「通訳翻訳及び外国人事件処理例規」

第6章 朝鮮文学の翻訳-尹東柱「序詩」の翻訳を中心に-(大村益夫)
 1.原文の確定
 2.「序詩」の翻訳


Ⅲ 生活の中の朝鮮語

第7章 言語景観に見えるコリアタウン、そのイメージの経年的変化(金美善)
 1.はじめに
 2.人々の移動と言語使用の可視性
 3.大阪市生野区の言語景観
 4.イメージの変化
 5.まとめ

第8章 なぜ韓国人はハイクに魅かれるのか(金貞禮)
 1.韓国における俳句、今昔
 2.英米文学を通じてのハイク受容
 3.俳句的視線の発見と比較文化論的アプローチ
 4.俳句の韓国語訳、その詩的リズム
 5.韓国におけるハイクの行方

このページのトップへ