ホーム > 東日本大震災後の持続可能な社会
東日本大震災後の持続可能な社会
本体2,500円+税
ISBN 9784750337890
判型・ページ数 A5・144ページ
出版年月日 2013/03/29

東日本大震災後の持続可能な社会

世界の識者が語る診断から治療まで

シンポジウム「地球にやさしい資源・エネルギー利用へ~東日本大震災から1年」をもとに、3・11東日本大震災以降の社会をどう構想するかを論じる。真鍋淑郎、エルンスト・フォン・ワイツゼッカー、ハンス=ペーター・デュール、米本昌平ら世界的識者による論考。

序文(林良嗣)

第1部 特別講演

第1章 地球温暖化と水――基礎科学から臨床環境学へ(真鍋淑郎)
  温暖化と水
  1900年以降の急速な温度上昇
  温度上昇をもたらしたCO2の上昇
  温暖化を予測する
  グローバル・グリッド・システムモデルによる乾燥地帯の再現
  モデルから算出した全球平均気温の上昇
  大気の循環と水蒸気の輸送
  温暖化が起きるとどうなるか
  温暖化による土壌水分の変化
  深刻化する水不足
  水問題の診断、そして治療

エコラボトーク(1) 科学的好奇心と社会的使命の遭遇(真鍋淑郎×神沢博)


第2章 ファクター5――資源消費最小の豊かな社会の実現に向けて(エルンスト・ウルリッヒ・フォン・ワイツゼッカー)
  持続可能な条件を満たす国とは
  資源効率を5倍に高める
  グリーンランドで起きていること
  今必要な、脱炭素のクズネッツカーブ
  脱炭素のための3つの方法
  再生可能エネルギーで達成できることとは
  1人当たり排出権を平等にするという考え方
  豊かさとCO2の排出を切り離すチャレンジ
  エネルギー価格を上げる必要性
  勝つのは誰か

エコラボトーク(2) 技術効率×社会システム=転換(エルンスト・ウルリッヒ・フォン・ワイツゼッカー×井村秀文)


第3章 エネルギーと原子力利用(ハンス=ペーター・デュール)
  地球上の物質、エネルギーは有限
  化石燃料は太陽がくれたエネルギーの蓄積
  生命、物質は不安定な存在
  持続可能性とは何か
  我々の現実と直面する問題とは
  エネルギースレイブとCO2の排出
  なぜ原子力の使用に反対するのか
  頼るべきは太陽のエネルギー

エコラボトーク(3) 多様性×協調性=地球環境の持続(ハンス=ペーター・デュール×林良嗣)


第4章 地球変動のポリティクス――温暖化という脅威(米本昌平)
  冷戦後の理想主義の終焉と温暖化問題
  核の脅威に替わる温暖化の脅威
  3・11後の日本がなすべきこと
  環境外交――科学政策と外交の合体
  東アジアにおける国際共同研究の必要性

エコラボトーク(4) 問題を志向し、垣根をはずして、領域をつなぐように、地球環境問題を考えよう(米本昌平×安成哲三)


第2部 パネルディスカッション

「東日本大震災後に考える持続可能な社会」
 《モデレーター》飯尾歩×林良嗣
 《パネリスト》真鍋淑郎×エルンスト・ウルリッヒ・フォン・ワイツゼッカー×ハンス=ペーター・デュール×米本昌平
  3・11後の持続可能な社会へ向けた論点整理
  巨大地震を前提にした国際協力のフレームワークを
  エネルギーソースの多様性と原子力
  原発事故がドイツに与えた影響
  日本は何を選択していくのか
  合意、そして、診断と治療に向けて

同じジャンルの本

このページのトップへ