ホーム > 女子プロレスラーの身体とジェンダー
女子プロレスラーの身体とジェンダー
本体2,800円+税
ISBN 9784750337937
判型・ページ数 A5・232ページ
出版年月日 2013/03/29

女子プロレスラーの身体とジェンダー

規範的「女らしさ」を超えて

女性は「理想の女性身体」を目指すよう奨励される一方で、身体的力の獲得は求められていない。ジェンダー化された社会からの解放の方途として、規範的女性像とは異なる方向に自己を変容させている、女子プロレスラーの身体の在り方にその可能性を探る。

 はじめに

第1章 女性の身体とジェンダー
 1.なぜ女子プロレスラーの身体なのか?
 2.本書の概要
 3.研究方法

第2章 女子プロレス興行の特徴と軌跡
 1.女子プロレスの興行
 2.プロレスの闘いとは何か?
 3.日本の女子プロレスの歴史性的見世物から「リアル・ファイト」へ
 4.世界の中の日本の女子プロレス

第3章 プロレスラーになる夢――オーディション合格を目指して
 1.なぜ彼女たちはプロレスラーを目指したのか?
 2.プロレスラーになることへの障害

第4章 プロレスができる身体への変容
 1.女子プロレスラーの身体的特徴
 2.練習生から新人レスラーになるまでの身体変容過程
 3.デビューまでの身体の変化と自己認識
 4.新人レスラーの試練
 5.プロレスができる身体への自己認識
 6.自信の源泉としての身体

第5章 闘う技能が生み出すもの――自己防衛への応用
 1.規範的な女らしさとしての身体的脆弱性
 2.自己防衛訓練による身体的脆弱性の変容
 3.闘う技能と身体的脆弱性
 4.レスラーの語りから生じた新たな疑問
 5.プロレスの闘いの特殊性と自己防衛
 6.闘う技能の獲得による身体的脆弱性の変容

第6章 演技としての女子プロレスとジェンダーの変容
 1.セックス・ジェンダー体系とジェンダー秩序
 2.異性愛のジェンダー秩序と理想の身体
 3.スポーツにおける規範的な男女の身体
 4.ジェンダーによる規範の再生産と変容
 5.プロレスにおける演技
 6.ジェンダーによる規範からの考察
 7.複雑な混合物としての女子プロレス

第7章 力を獲得する身体と挑戦される身体
 1.先行研究が示す身体活動が女性に与える影響
 2.女子プロレスラーが獲得したもの
 3.ジェンダーによる規範からの挑戦
 4.先行研究と女子プロレスラーの認識の比較
 5.エンパワーメントとしての身体的強さの獲得
 6.理想の女性身体からの挑戦
 7.男性に間違えられる身体
 8.女子プロレスラーの身体的対抗

第8章 身体変容と身体フェミニズム
 1.女子プロレスラーの身体が明らかにしたこと
 2.身体的エンパワーメントと身体フェミニズムの可能性

 おわりに

 資料 インタビューにおける質問項目
 引用・参照文献/資料一覧
 索引

このページのトップへ