ホーム > 精神障害者施設におけるコンフリクト・マネジメントの手法と実践
精神障害者施設におけるコンフリクト・マネジメントの手法と実践
本体4,000円+税
ISBN 9784750337807
判型・ページ数 A5・256ページ
出版年月日 2013/04/01

精神障害者施設におけるコンフリクト・マネジメントの手法と実践

地域住民との合意形成に向けて

入院から地域生活へと舵をとる精神保健医療福祉の流れの中で発生する施設コンフリクト。地域住民との合意に至るプロセスの中では、一方的に「理解」を求めるのではなく、関係者や関係機関を含めた時間をかけた「信頼」の醸成が重要であることを示す実証的研究。

序章
 第1節 問題提起
 第2節 本書の目的

第1章 精神障害者施設コンフリクトの合意形成(コンフリクトの解消)をめぐる課題
 第1節 先行研究にみるコンフリクトの諸概念
 第2節 施設コンフリクト分析の枠組み
 第3節 精神障害者に対する住民意識と理解重視アプローチの限界
 第4節 小括──本研究で用いる「施設コンフリクト」の定義

第2章 環境リスクに関わるコンフリクトの合意形成
 第1節 「迷惑施設」建設におけるコンフリクト・マネジメント
 第2節 リスクコミュニケーション手法を用いた合意形成
 第3節 リスクコミュニケーションの成否と信頼の醸成
 第4節 小括

第3章 精神障害者施設コンフリクトの実態
 第1節 全国調査にみる精神障害者施設コンフリクトの動向──1980年代~1990年代
 第2節 精神障害者施設コンフリクトの発生状況および住民意識の変化──2000年~2010年
 第3節 施設コンフリクト発生要因の検討
 第4節 考察

第4章 仲介者の介入による信頼の醸成と合意形成──高知県精神障害者授産施設の事例から
 第1節 研究方法
 第2節 結果
 第3節 調査結果の分析
 第4節 考察

第5章 条件闘争による合意形成とその後の信頼の構築──沖縄県C病院グループホームの事例から
 第1節 研究方法
 第2節 結果
 第3節 調査結果の分析
 第4節 考察

第6章 住民自身による施設整備に対する信頼とその後の理解の獲得──山口県D施設建設の事例から
 第1節 研究方法
 第2節 結果
 第3節 調査結果の分析
 第4節 考察

結章
 第1節 結論
 第2節 本研究の意義と残された課題

 図表リスト
 参考文献

 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ