ホーム > 当事者が語る精神障害とのつきあい方
当事者が語る精神障害とのつきあい方
本体1,800円+税
ISBN 9784750337784
判型・ページ数 4-6・260ページ
出版年月日 2013/03/25

当事者が語る精神障害とのつきあい方

「グッドラック! 統合失調症」と言おう

7人の精神障害(統合失調症圏)当事者が、障害とともに生きてきたこれまでの半生を、そして今の生活や社会について思うことを、ときにはユーモラスに、ときにはシビアに綴る。当事者・支援者・家族、そして精神障害の問題に関心をもつすべての人に贈る一冊。

 はじめに

第1章 のんちゃんのこれまで歩んできた道(松永典子)

 コラム1 私の「3・11以降の人生」と「精神病院入院体験記」――2011年3月11日以降を振り返りつつ(安原荘一)

第2章 統合失調症、自衛隊入隊、そして今(北川剛)

 コラム2 寝屋川サナトリウム5回目の入院のいきさつ(下村幸男)

第3章 統合失調症になって良かった(佐野卓志)

 コラム3 恋愛体質ウテナの記録(ウテナ)

第4章 シングルマザーで精神病! だけど私は夢をかなえる(森実恵)

 本書解説──ありきたりでない人生に乾杯!(原昌平:読売新聞大阪本社編集委員)

このページのトップへ