ホーム > オーストラリア先住民の土地権と環境管理
オーストラリア先住民の土地権と環境管理
本体3,800円+税
ISBN 9784750337470
判型・ページ数 4-6・264ページ
出版年月日 2013/02/28

オーストラリア先住民の土地権と環境管理

オーストラリアの先住民集団のひとつ「ヨルタ・ヨルタ」を中心に、彼らが居住・生活する土地権の回復、先住民権原の獲得、その地域の資源・環境管理をめぐる先住民運動の歴史、実情を、現地に居住経験のある著者が調査。先住民以外の地域住民や環境NGOを取り込んだ新しい形の先住民運動の活動を詳細に報告する。

 はじめに

序章
 第1節 本書の目的
 第2節 オーストラリア先住民の研究
 (1)ヨルタ・ヨルタの研究史
 (2)オーストラリアの先住民運動とヨルタ・ヨルタ
 第3節 先住民の土地の権利に関する状況
 (1)アボリジナル土地権
 (2)先住権原
 (3)先住民土地利用協定

第1章 マレー・ゴールバーン地域の小史
 第1節 マレー・ゴールバーン地域の特徴
 第2節 植民のなかのヨルタ・ヨルタ
 (1)ヨルタ・ヨルタをめぐる先住民政策
  a.コランダーク・ステーション
  b.マロガ・ミッション
  c.クメラグンジャ・アボリジナル・リザーブ
  d.リバーサイド・フラット
 第3節 ヨルタ・ヨルタの現状
 (1)ヴィクトリア州北部の地方町とヨルタ・ヨルタ
  a.バルマとクメラグンジャ・アボリジナル・コミュニティ
  b.シェパトンとムループナ
  c.エチューカとニューサウスウェールズ州のモアマ

第2章 ヨルタ・ヨルタの闘争史
 第1節 ヨルタ・ヨルタ権利回復運動
 (1)土地権回復運動のはじまり
 (2)先住民代表機関の形成とヨルタ・ヨルタの役割
  a.オーストラリアン・アボリジニーズ・リーグ
  b.ヴィクトリアン・アボリジニーズ・アドバンスメント・リーグ
  c.クメラグンジャ・ランド・トラストとヨルタ・ヨルタ・ランド・カウンシル
 第2節 ヨルタ・ヨルタ先住権原訴訟
 (1)ヨルタ・ヨルタの土地管理組織
  a.ヨルタ・ヨルタ・トライバル・カウンシル
  b.ヨルタ・ヨルタ・マレー・ゴールバーン河クラン法人
  c.ヨルタ・ヨルタ・ネイション・アボリジナル法人
 (2)16家族集団内での人びとの対立
 (3)ヨルタ・ヨルタと地域住民の調停
 (4)先住権原の消滅
 (5)先住権原訴訟の成果
 第3節 河川流域の資源に関する州政府との共同管理協定
 (1)マレー河流域の資源管理の歴史的背景
  a.ヴィクトリア環境評価委員会の『答申案』と利害関係者からの意見書
  b.環境評価委員会の『審議案』と『答申案』ならびに『答申』にかかわる報道と人びとの語り

第3章 運動の実践とヨルタ・ヨルタの知識
 第1節 バルマ森林における森林管理方法
 第2節 ヨルタ・ヨルタの「文化地図」作成
 (1)先住民ネイションズ
 (2)文化地図の作成目的とその方法
 (3)作成結果とその活用

第4章 資源管理のための先住民運動
 第1節 ネットワークの形成とその展開
 (1)運動を推進する2つの主体
  a. ヨルタ・ヨルタと環境NGO
  b. バンガロンと地域住民
 (2)ヨルタ・ヨルタの運動ネットワークの形成
  a. 広域的ネットワーク
  b. 局地的ネットワーク
 (3)親族の系譜と運動イデオロギーの系譜
  a. エイダ・クーパー家族集団と社会関係資本
  b. バゴット・モーガンとエリザベス・アトキンソン家族集団と社会関係資本
  c. エドガー・アトキンソン家族集団と社会関係資本
 (4)ネットワーク形成からみえてくる先住民運動
 第2節 ヨルタ・ヨルタの伝統知と運動
 (1)文化地図における意味

終章 普遍性の主張と差異の承認をめぐる先住民運動

 参考文献
 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ