ホーム > ホームレスと社会 Vol.7
ホームレスと社会 Vol.7
本体1,600円+税
ISBN 9784750337418
判型・ページ数 B5・136ページ
出版年月日 2012/12/20

ホームレスと社会 Vol.7

現代のホームレス問題を考える専門誌の第7号。特集1では新しいセーフティネットの検証の第2弾として「パーソナルサポート・モデル事業」の各地の取り組みを、特集2では大阪「西成特区構想」への具体的提言を取り上げる。また、特別対談2本も掲載する。

 ローカルレポート

対談1 生活支援戦略(中間まとめ)をめぐって(宮本太郎、鈴木亘)

特集1 「パーソナル・サポート・サービス」モデル事業――新しいセーフティネットの検証・第2弾
 パーソナル・サポート・サービスについて(湯浅誠)
 パーソナル・サポート・モデル事業の現状と課題(吉田拓野)
 釧路・地域主権と当事者参画がカギ(日置真世)
 横浜・「生活・しごと∞わかもの相談室」の取組み(鈴木晶子)
 京丹後・「誰一人置き去りにしないまち」をつくるために(谷口幸作)
 大阪・PS事業の成果と課題(船岡敏和)
 大阪・PSモデルにおける取組み(吉村友美)
 京都・京都自立就労サポートセンター(高橋尚子)
 福岡・福岡絆プロジェクトの取組み(佐藤佳美)

特集2 「西成特区構想」への提言
 「西成特区構想」方法論序説(鈴木亘)
 生活保護下の住宅市場の実態と住宅供給の社会化への可能性(水内俊雄)
 観光振興と賑わい創出であいりん地域を再生する(松村嘉久)
 日雇労働市場の将来と西成労働福祉センターの今後のあり方(福原宏幸)
 居場所を紡ぐ「リノベーション特区」によるコレクティブタウンのまちづくり(寺川政司)
 ワンストップ型「あいりん地域トータルケア・システム」構築の提案(ありむら潜)
 生活保護と地域福祉(原昌平)
 医療問題(原昌平)
 今後の結核対策について(高鳥毛敏雄)


対談2 日本のホームレスの最新動向と今後の支援策のあり方――2012年全国調査をどう読むか(岩田正美、水内俊雄、司会・垣田裕介)

研究
 [海外]台北における狭小廉価住宅居住者の生活支援の系譜と現状(中山徹、全泓奎、山田理絵子、水内俊雄、黒木宏一)
 [国内]社会的困窮者の効果的な自立支援のあり方と専門職の役割に関する調査事業(齋木大)
 [国内]ホームレス就労支援がもたらす社会的ネットワークの変容(ヨハネス・キーナー)

援助技術
 福祉居宅構想「ホームレスからの脱出 そこにある住まいの活用」(齋藤宏直)
 イギリスにおける失業者・就労困難者向け公的扶助の現状(樋口英夫)

エッセー
 日韓両国で進行するホームレスの若年化――日韓ホームレス交流プロジェクト報告(長崎友絵)
 こうしてボトムアップ型になった――西成特区構想有識者座談会体験論(ありむら潜)

書評 この人が選ぶこの一冊(五石敬路/本田良一/平川隆啓)

 ニュースクリップ(安江鈴子)
 執筆者一覧・編集後記

このページのトップへ